時間をかけずに、最低限の努力で、資格試験に合格したいあなたへ

合格請負人『資格試験-BOSS』

2級 建築施工管理技士 経験記述、実地試験、学科試験

 
478311c0 9065 46fb 9b7b 223800a13031 - 2級 建築施工管理技士 経験記述、実地試験、学科試験
この記事を書いている人 - WRITER -


運 営 者 : 資格試験-BOSS

職  業 : 建設コンサルタント会社の企業内技術士(現役)

習得資格 : 技術士(建設部門)、RCCM、測量士、
      施工管理技士(各種)、ダム管理士など多数。

主なWEB活動 :
誰もが楽に合格できる建設系資格試験の受験支援。
簡単に使える建設系CADシステム・技術計算ソフトの分析比較。
最良と呼べる企業ごとのシステム構築の提案など。

仕事以上の趣味とゆとり : 酒と肴のための放浪


詳しいプロフィールはこちら

このページは、2級経験記述、2級実地試験、2級学科試験 のページです。

- 建築施工管理技士試験 対策ページの目次 -



コスパが圧倒的に違う。

こんなに安い教材どこにも無い。

建築施工管理技士試験  出題予想と解答例文

圧倒的な低価格には、ワケがあります。

  • 試験対策が続かないと、購入する意味がありません。
  • 膨大な量の参考書ではありません。本や紙の資料は郵送しません。
  • WordやExcelのデータをメールで送信します。
  • シンプルなWordやExcelの、効率的に学習できるデジタル教材です。


1級・2級 経験記述問題、
第二次検定(実地試験)と第一次検定(学科試験)に対応。
3,000名以上が合格できた、建築施工管理試験の支援ツールです。




1級・2級 経験記述の支援ツール  3,000円 税込
経験記述問題の出題予想と解答例文

1級・2級 実地試験 これだけ項目集 2,000円 税込
第二次検定(実地試験)出題傾向分析&重点項目集

  2級 学科試験 これだけ項目集 2,000円 税込
第一次検定(学科試験)出題傾向分析&重点項目集

出題傾向分析と解答例文、重点項目集を、メールで送信しています。



目次

2021年度から試験制度が変更になります。

合格者の呼び名が変わります。
・第一次検定合格者 → 1級〇〇施工管理技士補、2級〇〇施工管理技士補
・第二次検定合格者 → 1級〇〇施工管理技士、2級〇〇施工管理技士

学科と実地の試験名が変わります。
・学科試験 → 第一次検定
・実地試験 → 第二次検定

(例)1級建築施工管理技士試験の場合
第一次検定では、監理技術者補佐として、
 施工の管理方法に関する一般的な知識、施工の管理を適確に行うために必要な応用能力が問われます。

第二次検定では、監理技術者として、
 工事の施工管理を適確に行うために必要な知識、工事に必要な措置を適切に行うことができる応用能力、工事現場における施工計画や施工図を適正に作成できる応用能力が問われます。


建築施工管理技士試験は、

第二次検定の「経験記述問題」が、特に難しい。

  出題予想と解答例文でやる、効率的な経験記述対策

  • 実地試験でも、「経験記述問題」は、特に難しい。
  • だから、効率的な支援ツールを用意しました。


建築施工管理技士試験 2級 経験記述の支援ツール

施工経験記述の対策は、過去に自分が経験した工事を選び、施工管理項目ごとに、事前に十分な準備をして、解答文を作成しておく必要があります。そのため難易度が高く感じたり、勉強法で悩まれる方も多いでしょう。

試験日までに効率的な試験対策を行うため、本年度の出題を予想し、独自の現場情報に書き換えるだけで、合格点の獲れる、解答例文を作成しました。

下記の「経験記述の出題傾向」を見れば、本年度の出題は容易に予想できます。
本年度に出題が予想される施工管理項目(テーマ)に沿った、
試験日までに合格点が獲れる「施工経験記述の解答例文」を、多数提供しています。


2級「経験記述の解答例」は、2021年版に更新済みです。
「お申込みはこちら」ボタンより、お申込みください。


建築施工管理技士試験 2級 経験記述の出題予想

近年の2級建築施工管理、経験記述問題の出題傾向は、
品質管理、施工計画、工程管理の順で、出題されています。
令和元年には、新しく「環境問題」も出題されました。

下記の「経験記述の出題傾向」を見れば、本年度の出題は容易に予想できます。

令和02年度(2020)の出題は、「工程管理」でした。
令和01年度(2019)の出題は、「施工計画」と「環境問題」でした。
平成30年度(2018)の出題は、「品質管理」でした。
平成29年度(2017)の出題は、「工程管理」でした。
平成28年度(2016)の出題は、「施工計画」でした。

令和03年度(2021)の出題は、「品質管理」 が予想されます。
「環境問題」と「施工計画」の出題も予想されます。

             

品質管理、工程管理、施工計画、環境問題 の4項目について、しっかりと準備して、臨んでください。


建築施工管理技士試験 2級 経験記述の解答例

「経験記述問題の解答例」を使用すれば、自分が経験した現場条件に変更するだけで、確実に合格点が獲れる経験記述の準備ができます。

解答例文は、下記の内容で、合計43件、作成しています。
 
 品質管理15件、合理化施工3件、工程管理8件、
 施工計画8件、環境問題9件。


◇ 品質管理
 ・要求品質を実現するための品質管理活動、 ・品質管理活動のあり方と効果
 ・現場作業の軽減、工期の短縮、 ・労働生産性の向上、 ・不具合の発生
◇ 合理化施工
 ・工期短縮と省力化に効果がある合理化施工の事例
◇ 工程管理
 ・材料の手配における、工期遅延の要因と対策
 ・工事用機械・器具の手配における、工期遅延の要因と対策
 ・労働力の手配における、工期遅延の要因と対策
◇ 施工計画
 ・施工計画で、事前に検討し実施した事項と理由
 ・施工方法や作業手順を、周知徹底する方法、実行を確認する方法
 ・工程管理、品質管理、安全管理、環境問題、施工前の考慮事項と対応策


建築施工管理技士試験 2級 経験記述の解答例サンプル

  • このページに掲載している、サンプル解答文は、ほんの一部です。また、最新のものではありません。
  • 最新のすべての内容は、「経験記述の解答例」をお申込み後、
    ダウンロードして、ご確認ください。

組織的な品質管理活動のあり方と効果 (品質管理/サンプル解答文)

① 現場での組織的な品質管理活動のあり方
 杭地業工事の現場打杭について、
 1. 打設計画書・計画図を作成することにより重機作業や人員配置計画を関係請負人に周知し、作業の効率化と他作業との作業調整を図る。
 2. 鉄筋カゴの加工組立図、コンクリート配合計画書、杭芯図を現場内に掲示し視える化を実施することで、現場員相互に確認できる体制を構築する。

② 組織的な品質管理活動により得られる効果
 上記活動をすることにより得られた効果は以下の通りである。
 3. 現場打杭の打設順序を計画通り進めることで重機設置位置等が確定するため、残土排出や鉄カゴ搬入を計画通り進めることができた。
 4. 品質管理項目(組立図や配合計画)を現場掲示することで、末端作業員まで品質管理の重要性や管理項目の周知が容易となり、施工上の不具合を減少させることができた。


工期遅延の要因と理由、実施した対策 (工程管理/サンプル解答文)

① 工種名 : タイル工事

② 工期遅延の要因と理由
 商業施設のエントランス改修工事において、タイル熟練工が不足していた。
 また、仕上げ工程が、躯体、張り付けモルタル、床タイルの施工手順となるため、工期が遅延することが想定された。

③ 実施した対策
 床タイル仕上げを顧客へVE提案し、タイル下地のコンクリートをスタンプコンクリートに変更することとした。
 その結果、張り付けモルタル、床タイルの施工時間や、資材・施工手間が削減でき、工期内の完成が可能になった。


施工計画で、事前に検討した事項と理由(施工計画/サンプル解答文)

① 計画項目 : 施工方法又は作業の方法

② 工種名 :  鉄骨工事

③ 事前に検討し実施したこと
 鉄骨への耐火被覆については、当初は半湿式吹付けロックウールで予定していたが、施工中の粉じん対策や養生、現場内清掃、電気・水道・廃材処理費費用がかかることや作業員不足も想定されたため、巻き付けの耐火被覆材へ変更した。

④ その理由
 巻き付けの耐火被覆材は、工場で生産されたものを現場で取り付けるため、現場で作業員が施工するロックウール吹付けに比べて品質のムラがないため。
 また、施工時に粉じんが発生しないこと、養生期間が不要なので他工事の作業への支障が少なくなるため。



建築施工管理技士試験 2級 経験記述の部品集

建築施工管理技士試験、経験記述の部品集は、
品質管理、工程管理、施工計画、環境問題の出題項目について、
「留意事項」と「処置対策」に区分した部品集を多数準備しています。

  • 部品集から自身が体験した施工内容を選び、独自の現場情報を入れれば、経験記述の解答文の骨格が簡単に出来上がります。
  • たくさんのご好評をいただいている、大人気の部品集です。
  • 経験記述の部品集のサンプルページは、  こちらへ



建築施工管理技士試験 2級 経験記述の出題傾向

  • 過去問題の出題傾向から出題予想の分析を行い、高い確率で予想的中させています。
  • ◎は、予想が的中したものです。

品質管理 予想 R02 R01 H30 H29 H28 H27 H26 H25-
H17
 
 品質管理の留意事項 3
  〃  留意した理由 3
 品質管理のあり方 3
  〃  そう考える理由 3
 作業軽減、工期短縮
 労働生産性の向上
 不具合の発生
 
工程管理 予想 R02 R01 H30 H29 H28 H27 H26 H25-
H18
 
 工期遅延の要因と理由 3
  〃  実施した対策 3
 工期の短縮方法 2
  〃  効果と問題点 2
 工期短縮の合理化施工
  〃  その理由
 遅延対策、材料の手配 2
  〃  機械・器具の手配  2
  〃  作業員の手配 2
 
施工計画 予想 R01 H30 H29 H28 H27 H26 H25 H24-
H16
 
 全般、留意事項 1
 事前に考慮すべき事項 4
  〃  施工方法・手順 4
  〃  材料搬入、荷揚げ 4
  〃  材料保管、仮置き 4
  〃  作業床や足場設置 4
  〃  養生の方法 4
  〃  試験、検査の方法 4
  〃  関連工種との調整 4
 施工方法の周知方法 2
  〃  実行の確認方法 2
 事前の考慮事項と対応策 1
  〃  工程、品質、安全、環境 1
 
環境問題 予想 R02 R01 H30 H29 H28 H27 H26 H25
 
 産業廃棄物の発生抑制
  〃  再生利用
  〃  適正処分
  〃  再使用
 

  • このページに掲載している、出題傾向と出題予想のサンプルは、ほんの一部です。また、最新のものではありません。
  • 最新のすべての内容は、「経験記述の解答例」をお申込み後、
    ダウンロードして、ご確認ください。




2級 経験記述の支援ツール  3,000 円(税込)

経験記述問題の出題予想と解答例文


出題傾向分析と解答例文を、メールで送信しています。



合格点が簡単に獲れる。

絞り込んだ重点項目を覚えるだけ

第二次検定(実地試験)と第一次検定(学科試験)
出題傾向分析&重点項目集

  • 解答例は、シンプルなWordとExcelのデータです。
  • 印刷すれば、1枚ずつの暗記ができます。
  • スマホで使えます。通勤中や仕事の合間に学習できます。
  • 過去問分析からの出題予想は、高い確率で的中させます。
  • 項目の重要度、覚える優先順位が、ハッキリわかります。


建築施工管理技士試験

2級 第二次検定(実地試験) これだけ項目集

試験勉強は過去問題を分析し、重要部分を問題集などで実際に問題を解く勉強法が効果的です。
この「これだけ項目集」(出題傾向の分析と重点項目集)が、学科試験・実地試験の勉強法がかわからない方、業務でお忙しい方々の受験を支援します。

出題を分析した「実地試験の出題傾向」を見れば、本年度の出題が予想できます。
どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されるのか、一目瞭然です。
「これだけ項目集」は、出題回数別に色分けした解答例です。下記の「これだけ項目集のサンプル」を見れば、特化すべき本年度の重点問題が絞り込めます。


これだけ項目集/2級実地試験は、2021年版に更新済みです。
「お申込みはこちら」ボタンより、お申込みください。


2級建築施工管理技士 第二次検定(実地試験)項目集サンプル

  • これだけ項目集では、2級 実地試験で出題される
    すべての出題分類について、重要項目集を作成しています。
  • このページに掲載している、サンプル解答文は、ほんの一部です。また、最新のものではありません。
  • 最新のすべての内容は、「これだけ項目集」をお申込み後、
    ダウンロードして、ご確認ください。


オリジナルの重点項目集を作成しましょう。!!

・間違い探し問題の間違った文章は、正しい文章に直しています。
 直した正しい文章は、太字にしています。
・出題年度は、色を変えて記入しています。
 たくさんの色が付いている問題が、よく出る問題です。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・下記の出題傾向の分析表を参考にして、問題を絞り込めば、
 オリジナルの重要項目集、問題集が作成でき、自由な勉強法で合格率アップ。
・数枚ずつ用紙に印刷すれば、通勤や業務の合間に、効率的で様々な勉強法に利用ができます。


2級 実地試験 問題2 用語問題(仮設工事) サンプル

2建築 実地  H29-2  H28-2  H25-2  H22-2  H19-2
足場の先組み工法

用語説明:
鉄筋を工場や別の場所でカゴ状に組み上げて、設置場所まで移動し、柱や梁として建て込んでいく工法をいう。
留意内容:
鉄筋が組み合わされる部分に特に注意し、移動やひずみが生じないよう、鉄筋間隔を正しくとり、十分堅固に組立てる。
運搬時・つり上げ時に変形しないように、鉄筋の継手位置、交差箇所は、径0.8mm以上のなまし鉄線で結束する。
移動時の補強を適切に実施するため、ガス圧接・アーク溶接の継手位置は、隣接する継手から相互に、400㎜以上離して配筋する。


2級 実地試験 問題5 躯体工事 サンプル

2建築 実地  H30-5B-4  H29-4  H27-4  H25-4  H21-4-1
コンクリートの運搬時間

 レディーミクストコンクリートの運搬時間は、JIS において、コンクリートの 練混ぜ開始からトラックアジテータが荷卸し地点に到着するまでの時間として 90分以内 と規定されている。
 このため、できるだけ運搬時間が短くなるレディーミクストコンクリート工場の選定をする。
 また、コンクリートの 練混ぜ開始 から工事現場での打込み終了までの時間は、外気温が 25℃未満で120分以内、25℃以上で90分以内 とする。
 打込み継続中の打重ね時間の間隔限度は、外気温が 25℃未満のときは150分以内、25℃以上のときは120分以内 を目安とし、先に打ち込まれたコンクリートの再振動が可能な時間内とする。

 コンクリートの工事現場内運搬において、高所から縦形フレキシブルシュートを用いてコンクリートを打設する場合、その投入口と排出口との水平距離は、垂直方向の高さの 1/2 以下 とする。


2級 実地試験 問題5 仕上げ工事 サンプル

2建築 実地  H30-5A-7  H26-4-7  H22-4-6  H18-4-7
塗膜の厚さ、塗膜のしわ

 塗装工事において、所定の塗膜厚さを得られているか否かを確認する方法として、
 塗料の 使用量 から塗装した面積当たりの塗料の塗付け量を推定する方法や、専用測定器により膜厚を測定する方法がある。
 塗装作業中における塗膜の欠陥であるしわは、下塗りの乾燥が不十分のまま、上塗りを行ったり、油性塗料を 厚塗りした 場合に生じやすい。



2級建築施工管理技士 第二次検定(実地試験)出題傾向の分析

  • 過去問題の出題傾向から出題予想の分析を行い、高い確率で予想的中させています。
  • ◎は、予想が的中したものです。


難易度が高くても高得点を取る必要なし。時間をかけずに、確実に合格点、合格率アップを目指しましょう。!!

・毎年出題されている、過去問で頻出される問題はないか。
・頻繁に出題されている問題の周期は、1年置きか、2年置きか、3年置きか。
・久々に出題された問題があるが、同じように怪しい問題はないか。
・しはらく出題されていないが、気になる問題はないか。
このように、特化すべき重点問題を絞り込むことで合格率アップに繋がります。
試験日までの時間や難易度を考察し、計画性を持って合格を目指しましょう。


問題2 用語問題 予想 R02 R01 H30 H29 H28 H27 H26 H25-
H17
   
◇ 鉄筋工事
 腹筋 3
 スペーサー 2
 先組み工法 3
 あばら筋 1
 帯筋 2
   
◇ 防水工事
 塗膜防水絶縁工法の通気緩衝シート
 脱気装置 1
 マスキングテープ 3
 シートのトーチ工法 1
 ボンドブレーカー 2
 バックアップ材 1
 屋上の保護コンクリート 1
 絶縁テープ 1
   

  • このページに掲載している、出題傾向と出題予想のサンプルは、ほんの一部です。また、最新のものではありません。
  • 最新のすべての内容は、「これだけ項目集」をお申込み後、
    ダウンロードして、ご確認ください。




2級 実地試験 これだけ項目集 2,000 円(税込)

第二次検定(実地試験)出題傾向分析&重点項目集

出題傾向分析と解答例文、重点項目集を、メールで送信しています。



第一次検定(学科試験)出題傾向分析&重点項目集

たくさんの方々にリピートいただいている

こけだけ項目集を紹介します。


建築施工管理技士試験

2級 第一次検定(学科試験)これだけ項目集

これだけ項目集について/2級建築施工管理技士 第一次検定 学科試験

「これだけ項目集」では、出題傾向を分析して、出題一覧表を作成しています。
どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されているのか、一目瞭然です。
毎年出題される問題は、隔年・数年間隔で出題される問題は、頻度の多い出題は、近年人気の問題は、などを考慮し、特化すべき重点問題を掲載しています。

出題傾向の分析と「これだけ項目集」を使用すれば、
絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、合格点が獲れる準備ができます。

これだけ項目集とは
・出題傾向の分析から、重点項目を絞り込み、これだけ項目集を作成しています。
・これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・Wordデータです。並べ替え、編集してオリジナルの項目集、問題集が作成できます。
・数枚づつ用紙に印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。


これだけ項目集/2級学科試験は、2021年版に更新済みです。
「お申込みはこちら」ボタンより、お申込みください。


これだけ項目集のサンプル/ 2級建築施工管理 第一次検定(学科試験)

これだけ項目集では、2級建築 学科試験で出題されるすべての、
次の出題分類について、重要項目集と出題傾向を作成しています。

2級建築 学科試験は、平成30年度以降、次の内容で出題されます。
建築学等 No.01~No.14、設備その他 No.15~No.17、
施工 躯体 No.18~No.24、施工 仕上げ No.25~No.32、
施工管理法 No.33~No.42、法規 No.43~No.50。

このページに掲載している、サンプル項目集は、ほんの一部です。
また、最新のものではありません。
最新のすべての内容は、
「これだけ項目集」をお申込み後、ダウンロードして、ご確認ください。


オリジナルの重点項目集を作成しましょう。!!

・間違い探し問題の間違った文章は、正しい文章に直しています。
 直した正しい文章は、太字にしています。
・出題年度は、色を変えて記入しています。
 たくさんの色が付いている問題が、よく出る問題です。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・下記の出題傾向の分析表を参考にして、問題を絞り込めば、
 オリジナルの重要項目集が作成できます。
・数枚ずつ用紙に印刷すれば、通勤や業務の合間に、効率的な勉強ができます。


第一次検定(学科試験) 躯体 No.18~No.24 のサンプル

2建築 学科  R01後-19 H30前-19 H29-40 H28-40 H27-40 H25-40
                             H23-40 H22-40

砂利地業

 砂利地業に使用する切込砕石は、天然の岩石を破砕したものを用いる。
 砂利地業に用いる砂利は、粒径のそろった砂利よりも砂混じりの切込み砂利を用いる

 砂地業に用いる砂は、締固めが困難にならないよう、シルトなどの泥分が多量に混入したものを避ける
 砂利地業の締固めは、床付地盤を破壊したり、深い地盤を乱さないよう、注意する。
 砂利地業の締固めによるくぼみが生じた場合は、砂、砂利を補充して再度転圧する。
 砂利地業において層厚が厚い場合の締固めは、2層以上に分けて行う。

 再生砕石は、コンクリート塊を破砕したものであり、品質のばらつきが多い
 土間コンクリートに設ける防湿層のポリエチレンフィルムは、砂利地業の直上、コンクリートの下に敷き込む
 土間コンクリートの下の防湿層は、断熱材がある場合、断熱材の直下に設ける。
 床付け地盤が堅固で良質な場合は、地盤上に捨てコンクリートを直接打設できる。


2建築 学科  H30後-20  H28-43  H26-43  H24-43
型枠の組立

 独立基礎のフーチング上端の勾配が急なので、上端にせき板を設けた
 壁付き隅柱の出隅部は、角締めパイプを立てチェーンとターンバックルで締め付けた。
 床型枠は、サポート、大引及び根太を配置した後に合板を敷き込んだ。
 柱型枠は、梁型枠や壁型枠を取り付ける前にチェーンで控えを取り、変形させない。
 柱型枠の建入れ調整は、梁、壁及び床の型枠を組み立て前に行った。
 梁の側型枠の寸法はスラブ底寸を梁まで伸ばし、梁側板は梁底型枠で受けて組立てる。
 コンクリート面に直接塗装仕上げを行うので、コーン付きセパレーターを使用した。


第一次検定(学科試験) 仕上げ No.25~No.32 のサンプル


オリジナルの重点項目集を作成しましょう。!!

・間違い探し問題の間違った文章は、正しい文章に直しています。
 直した正しい文章は、太字にしています。
・出題年度は、色を変えて記入しています。
 たくさんの色が付いている問題が、よく出る問題です。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・下記の出題傾向の分析表を参考にして、問題を絞り込めば、
 オリジナルの重要項目集が作成できます。
・数枚ずつ用紙に印刷すれば、通勤や業務の合間に、効率的な勉強ができます。


2建築 学科  H29-58  H28-58  H27-58  H25-58  H24-59
アルミニウム製建具の特徴

 水切り、ぜん板は、アルミニウム板を折り曲げ加工するので、厚さを1.5 mm とした。
 引違い建具のすれ合う部分、振れ止め、戸当りは、ポリアミド製とした。
 建具の組立てにおいて、隅部の突付け部には、シート状の止水材を使用した
 建具枠に用いる補強材には、亜鉛めっき処理した鋼材を使用した。
 アルミニウム製建具の酸化被膜を厚くしても、耐食性に変化はない
 加工、組立てにおいて、隅部の突付け小ねじ締め部分にはシーリング材を充填する。
 防虫網を合成樹脂製とする場合、網目は 16~18 メッシュのものとする。
 取付けの際、建具の養生材は、除去を最小限にとどめ、取付け後に復旧する。


2建築 学科  R01前-30  H30後-30  H27-60  H25-60  H22-60
素地ごしらえ

 木部面に付着したアスファルトや油類は、溶剤でふき取り、十分に乾燥させる。
 木部面の穴埋めは、節止めを行ってからパテを充填した。
 水がかり部の壁モルタル面のパテかいには、合成樹脂パテを用いる
 けい酸カルシウム板面のパテかいは、反応形合成樹脂ワニスを塗り付けてから行う。
 けい酸カルシウム板面の吸込み止めは、穴埋めやパテかいの前に行う

 透明塗料塗りの木部面で、仕上げに支障のある変色は、漂白剤を用いて修正した
 不透明塗料塗りの木部面は、節止めの後に穴埋め・パテかいを行った。
 モルタル面の吸込止めは、シーラーを全面に塗り付けた後に、パテかいを行った
 鉄鋼面に付着した機械油の除去は、石油系溶剤を用いて行った



出題傾向の分析/ 2級 建築施工管理 第一次検定

このページに掲載している、学科試験の出題傾向は、ほんの一部です。
また、最新のものではありません。
最新のすべての内容は、
「これだけ項目集」をお申込み後、ダウンロードして、ご確認ください。

第一次検定(学科試験)躯体 NO.18~No.24 の出題傾向

出題傾向の分析と重点項目について

躯体 NO.18~No.24 の出題傾向は、次の通りです。
 墨出し、遣方、平板載荷試験、地盤調査、標準貫入試験、埋戻し・締固め、根切り・山留め工事、地業工事、鉄筋工事、型枠工事、コンクリート工事、鉄骨工事、木工事、建設機械などから出題されます。

過去問題の出題傾向から出題予想分析を行い、高い確率で予想的中させています。
は、予想が的中したものです。



難易度が高くても高得点を取る必要なし。時間をかけずに、確実に合格点、合格率アップを目指しましょう。!!

・毎年出題されている、過去問で頻出される問題はないか。
・頻繁に出題されている問題の周期は、1年置きか、2年置きか、3年置きか。
・久々に出題された問題があるが、同じように怪しい問題はないか。
・しはらく出題されていないが、気になる問題はないか。
このように、特化すべき重点問題を絞り込むことで合格率アップに繋がります。
試験日までの時間や難易度を考察し、計画性を持って合格を目指しましょう。


躯体 NO.18~No.24 予想 R02

R01
後期
R01
前期
H30
後期
H30
前期
H29 H28 H27-
H22
   
◇ 地業工事
 捨てコンクリート 2
 砂利地業 4
 杭地業工事 1
   
◇ 鉄筋工事
 鉄筋の加工 4
 鉄筋の組立 4
 鉄筋のかぶり厚さ 3
 鉄筋の継手 2
 鉄筋の定着 1
 圧接等の継手 2
   
◇ 型枠工事
 型枠工事の材料 2
 型枠の組立 1
 型枠の存置期間 1
 型枠支保工 2
 型枠の締付け金物
   


第一次検定(学科試験)仕上げ No.25~No.32 の出題傾向

出題傾向の分析と重点項目について

仕上げ No.25~No.32 の出題傾向は、次の通りです。
 防水工事、石工事、タイル工事、屋根およびとい工事、金属工事、左官工事、建具工事、塗装工事、内装工事、インテリア工事、ALCパネルなどから出題されます。

過去問題の出題傾向から出題予想分析を行い、高い確率で予想的中させています。
は、予想が的中したものです。



難易度が高くても高得点を取る必要なし。時間をかけずに、確実に合格点、合格率アップを目指しましょう。!!

・毎年出題されている、過去問で頻出される問題はないか。
・頻繁に出題されている問題の周期は、1年置きか、2年置きか、3年置きか。
・久々に出題された問題があるが、同じように怪しい問題はないか。
・しはらく出題されていないが、気になる問題はないか。
このように、特化すべき重点問題を絞り込むことで合格率アップに繋がります。
試験日までの時間や難易度を考察し、計画性を持って合格を目指しましょう。


仕上げ No.25~No.32 予想 R02

R01
後期
R01
前期
H30
後期
H30
前期
H29 H28 H27-
H22
   
◇ 建具工事
 アルミニウム建具の充填モルタル 2
 アルミニウム製建具のアンカー 3
 アルミニウム製建具の特徴 3
 鋼製建具 2
 ガラス工事 2
 建具金物 1
 キーシステム
 各種建具 1
   
◇ 塗装工事
 素地ごしらえ 3
 塗装の施工法 3
 木部の塗装工事
   

  • このページに掲載している、出題傾向と出題予想のサンプルは、ほんの一部です。また、最新のものではありません。
  • 最新のすべての内容は、「これだけ項目集」をお申込み後、
    ダウンロードして、ご確認ください。




2級 学科試験 これだけ項目集 2,000 円(税込)

第一次検定(学科試験)出題傾向分析&重点項目集

出題傾向分析と解答例文、重点項目集を、メールで送信しています。



二級建築施工管理技士試験は、過去問を繰り返し勉強することが重要です

二級建築施工管理技士検定試験は、学科と実地に分かれます。学科試験の勉強法は、過去問10年程度分を繰り返すことで、対処が可能です。同じテーマの問題が繰り返し出題されるため、過去10年の問題の勉強で、合格に必要な知識が得られ、合格水準50問のうち30問以上の正解が可能でしょう。
次の実地問題で一番重要なのが、問題1の事例論文問題で、テーマに施工計画・工程管理・品質管理のどれかが指定され、その指定に基づいて、普段施工に当たって留意していることをまとめる問題です。
事例論文対策は、試験前に3つテーマごとに留意事項を整理しておくことが重要で、本番で何が問われても、迷わずに解答できるはずです。この問題の勉強には、例題が多く掲載されている問題集やテキストなどの教材を使い、留意事項のポイントを押さえておくことです。
問題2から問題5は過去問から同じような問題が再出されるため、過去問を繰り返し勉強することで大丈夫です。





この記事を書いている人 - WRITER -


運 営 者 : 資格試験-BOSS

職  業 : 建設コンサルタント会社の企業内技術士(現役)

習得資格 : 技術士(建設部門)、RCCM、測量士、
      施工管理技士(各種)、ダム管理士など多数。

主なWEB活動 :
誰もが楽に合格できる建設系資格試験の受験支援。
簡単に使える建設系CADシステム・技術計算ソフトの分析比較。
最良と呼べる企業ごとのシステム構築の提案など。

仕事以上の趣味とゆとり : 酒と肴のための放浪


詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 合格請負人『資格試験-BOSS』 , 2021 All Rights Reserved.