時間をかけずに、最低限の努力で、資格試験に合格したいあなたへ

合格請負人『資格試験-BOSS』

2級 土木施工管理技士 経験記述、実地試験、学科試験

 
334d98a6 24ac 494c b0ed ad2d928a0d8c - 2級 土木施工管理技士 経験記述、実地試験、学科試験
この記事を書いている人 - WRITER -


運 営 者 : 資格試験-BOSS

職  業 : 建設コンサルタント会社の企業内技術士(現役)

習得資格 : 技術士(建設部門)、RCCM、測量士、
      施工管理技士(各種)、ダム管理士など多数。

主なWEB活動 :
誰もが楽に合格できる建設系資格試験の受験支援。
簡単に使える建設系CADシステム・技術計算ソフトの分析比較。
最良と呼べる企業ごとのシステム構築の提案など。

仕事以上の趣味とゆとり : 酒と肴のための放浪


詳しいプロフィールはこちら

このページは、2級経験記述、2級実地試験、2級学科試験 のページです。

- 土木施工管理技士試験 対策ページの目次 -



経験記述、実地試験と学科試験の支援ツールが

今年で合格してしまいたい を応援します。

土木施工管理技士試験 出題予想と解答例文

  • 実地試験は試験内容に論文形式の出題も含まれることから、合格するためには、たくさんの準備時間が必要になります。
  • 毎年ヤマを張って試験日を待つのではなく、しっかりとした傾向と対策を行い、1回で合格を勝ち獲る対策を講じましょう。
  • そして、今年で合格してしまいましょう。



  • 1級・2級 経験記述問題、
    第二次検定(実地試験)と第一次検定(学科試験)に対応。
    3,000名以上が合格できた、土木施工管理試験の支援ツールです。




    1級・2級 経験記述の支援ツール  3,000円 税込
    経験記述問題の出題予想と解答例文

    1級・2級 実地試験 これだけ項目集 2,000円 税込
    第二次検定(実地試験)の出題傾向分析&重点項目集

    1級・2級 学科試験 これだけ項目集 2,000円 税込
    第一次検定(学科試験)の出題傾向分析&重点項目集

    出題傾向分析と解答例文、重点項目集を、メールで送信しています。



目次

2021年度から試験制度が変更になります。

合格者の呼び名が変わります。
・第一次検定合格者 → 1級〇〇施工管理技士補、2級〇〇施工管理技士補
・第二次検定合格者 → 1級〇〇施工管理技士、2級〇〇施工管理技士

学科と実地の試験名が変わります。
・学科試験 → 第一次検定
・実地試験 → 第二次検定

(例)1級建築施工管理技士試験の場合
第一次検定では、監理技術者補佐として、
 施工の管理方法に関する一般的な知識、施工の管理を適確に行うために必要な応用能力が問われます。

第二次検定では、監理技術者として、
 工事の施工管理を適確に行うために必要な知識、工事に必要な措置を適切に行うことができる応用能力、工事現場における施工計画や施工図を適正に作成できる応用能力が問われます。


土木施工管理技士試験

3,000名以上が合格できた、デジタル教材です。


経験記述の出題予想と解答例は、ここがポイント!

本年度の出題を予想し、高い確率で予想的中させています。

出題予想と解答例文でやる、シンプルで効率的な試験対策です。

合格点が獲れる経験記述の解答例文を多数準備しています。

最短学習期間 7日間。合格率 全国平均の2倍。


土木施工管理技士試験 2級 経験記述の支援ツール

施工経験記述の対策は、過去に自分が経験した工事を選び、施工管理項目ごとに、事前に十分な準備をして、解答文を作成しておく必要があります。そのため難易度が高く感じたり、勉強法で悩まれる方も多いでしょう。

試験日までに効率的な試験対策を行うため、本年度の出題を予想し、独自の現場情報に書き換えるだけで、合格点の獲れる、解答例文を作成しました。

下記の「経験記述の出題傾向」を見れば、本年度の出題は容易に予想できます。
本年度に出題が予想される施工管理項目(テーマ)に沿った、
試験日までに合格点が獲れる「施工経験記述の解答例文」を、多数提供しています。


2級「経験記述の解答例」は、2021年版に更新済みです。
「お申込みはこちら」ボタンより、お申込みください。


土木施工管理技士試験 2級 経験記述の出題予想

近年の、土木施工管理技士試験、2級実地試験の経験記述問題の出題は、
品質管理、工程管理、安全管理、環境対策の4項目から、2項目づつ、出題されています。

下記の「経験記述の出題傾向」を見れば、本年度の出題は容易に予想できます。

令和02年度の出題は、「工程管理、安全管理」でした。
令和01年度の出題は、「品質管理、工程管理」でした。
平成30年度の出題は、「品質管理、安全管理」でした。
平成29年度の出題は、「工程管理、安全管理」でした。
平成28年度の出題は、「品質管理、安全管理」でした。
平成27年度の出題は、「品質管理、工程管理」でした。
平成26年度の出題は、「工程管理、安全管理」でした。

昨年でなかった項目が出題される、2年間連続した項目が出題される、という法則があるとすると、
令和03年度(2021)の出題は、「品質管理」「工程管理」「安全管理」が予想されます。

品質管理、工程管理、安全管理、環境対策の4項目について、しっかりと準備して、臨んでください。


土木施工管理技士試験 2級 経験記述の解答例

「経験記述問題の解答例」を使用すれば、自分が経験した現場条件に変更するだけで、確実に合格点が獲れる経験記述の準備ができます。

解答例文は、下記の内容で、合計24件、作成しています。
品質管理 6件、工程管理 6件、安全管理 6件、環境問題 6件。

解答例文は、それぞれの施工管理項目について、次の内容で作成しています。
(1) 留意した技術的課題
(2) 検討した理由と内容
(3) 実施した対応処置


土木施工管理技士試験 2級 経験記述の解答例サンプル

  • このページに掲載している、サンプル解答文は、ほんの一部です。また、最新のものではありません。
  • 最新のすべての内容は、「経験記述の解答例」をお申込み後、
    ダウンロードして、ご確認ください。

基礎工、止水対策 (品質管理/サンプル解答文)

(1) 留意した技術的課題
 本工事は、商業ビル新築工事のための柱列式連続壁工法による土留工事であった。
 土質は表層シルト、3m以降はN値30~40程度の砂質層で、地下水位はGL-2mであった。
 工事現場周辺は交通量の多い国道であり、連続壁の裏面は木造家屋の密集地域であったため、地下水を下げて、家屋の損壊や道路の陥没を防止する必要があった。
 本工事では、柱列壁の止水性の向上と、周辺に影響を及ぼさない施工法の検討が品質管理上の重要な課題と考えられた。

(2) 検討した理由と内容
① コンクリートを1回で打設する連続壁の構築単位であるエレメント割付については、継手の位置、連続壁の安定、掘削機械、掘削方法、鉄筋かご建込みの施工性などを考慮した計画を検討した。
② 連続壁の安定性については、土質(粘着力とせん断抵抗角が小さいと崩れやすい)、地下水位(高いほど崩れやすい)、エレメント長(大きいほど崩れやすい)、上載荷重(大きいほど崩れやすい)などの各条件を考慮して、地下水位対策工法の検討を行った。
③ 掘削が進むに従って漏水と流砂の発生が予想されたため、各々の深さでの排水工法の検討を行った。また、地下水の低下が周辺に及ぼす影響と対応策について検討した。
 以上の検討から、現場で次の処置を講じた。

(3) 実施した対応処置
① 高地下水位の砂層における地下工事に適した土留工法を採用した。
② 柱列進捗中に流水が確認され、止水効果を損なう恐れがあったため、オーガーの上下作動を繰り返し排水の排除に努めた。
③ 掘削が進むに従って、漏水と流砂が数箇所あったため、土袋と早強止水剤で対応し、大きな箇所は薬液注入で処置を行った。
④ 地下水位の低下が原因で井戸水が枯れたため、土留内の排水を外部へ注水する措置としてリチャージ工法を実施した。
 以上の結果、必要な止水効果を得ながら土留め工を施工でき、工事は無事完了した。



土木施工管理技士試験 2級 経験記述の部品集

土木施工管理技士試験、経験記述の部品集は、
品質管理、工程管理、安全管理、環境保全、建設副産物の出題項目について、
「理由(○○のため)」と「対応処置」に区分した部品集を多数準備しています。

  • 部品集から自身が体験した施工内容を選び、独自の現場情報を入れれば、経験記述の解答文の骨格が簡単に出来上がります。
  • たくさんのご好評をいただいている、大人気の部品集です。
  • 経験記述の部品集のサンプルページは、  こちらへ


土木施工管理技士試験 2級 経験記述の出題傾向

  • 過去問題の出題傾向から出題予想の分析を行い、高い確率で予想的中させています。
  • ◎は、予想が的中したものです。

出題項目 予想 R02 R01 H30 H29 H28 H27 H26 H25-
H16
 
 品質管理 5
 工程管理 4
 安全管理 5
 環境問題    3
 施工計画 1
 

  • このページに掲載している、出題傾向と出題予想のサンプルは、ほんの一部です。また、最新のものではありません。
  • 最新のすべての内容は、「経験記述の解答例」をお申込み後、
    ダウンロードして、ご確認ください。




2級 経験記述の支援ツール  3,000 円(税込)

経験記述問題の出題予想と解答例文


出題傾向分析と解答例文を、メールで送信しています。



絞り込んだ重点項目を覚えるだけで

合格点が簡単に獲れる。

実地試験と学科試験の出題傾向分析&重点項目集


  • 過去問分析からの出題予想は、高い確率で的中している。
  • 出題年度・出題回数ごとに色付けされている。
  • 項目の重要度、覚える優先順位が、ハッキリわかる。
  • Wordデータなので、編集してオリジナル項目集を作れる。
  • スマホで使える。通勤中や仕事の合間に学習できる。


土木施工管理技士試験

2級 第二次検定(実地試験)これだけ項目集

試験勉強は過去問題を分析し、重要部分を問題集などで実際に問題を解く勉強法が効果的です。
この「これだけ項目集」(出題傾向の分析と重点項目集)が、学科試験・実地試験の勉強法がかわからない方、業務でお忙しい方々の受験を支援します。

出題を分析した「実地試験の出題傾向」を見れば、本年度の出題が予想できます。
どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されるのか、一目瞭然です。
「これだけ項目集」は、出題回数別に色分けした解答例です。下記の「これだけ項目集のサンプル」を見れば、特化すべき本年度の重点問題が絞り込めます。


これだけ項目集/2級実地試験は、2021年版に更新済みです。
「お申込みはこちら」ボタンより、お申込みください。


2級土木施工管理技士 第二次検定(実地試験)項目集サンプル

  • これだけ項目集では、2級 実地試験で出題される
    すべての出題分類について、重要項目集を作成しています。
  • このページに掲載している、サンプル解答文は、ほんの一部です。また、最新のものではありません。
  • 最新のすべての内容は、「これだけ項目集」をお申込み後、
    ダウンロードして、ご確認ください。


オリジナルの重点項目集を作成しましょう。!!

・間違い探し問題の間違った文章は、正しい文章に直しています。
 直した正しい文章は、太字にしています。
・出題年度は、色を変えて記入しています。
 たくさんの色が付いている問題が、よく出る問題です。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・下記の出題傾向の分析表を参考にして、問題を絞り込めば、
 オリジナルの重要項目集、問題集が作成でき、自由な勉強法で合格率アップ。
・数枚ずつ用紙に印刷すれば、通勤や業務の合間に、効率的で様々な勉強法に利用ができます。


2級 実地試験 問題2・3 土工 のサンプル

2土木 実地  H30-2  H29-2  H28-2  H25-2  H23-2
切土法面の排水処理

 一時的な切土法面の排水は、ビニールシートや土のうなどの組合せにより、仮排水路を法肩の上や小段に設け、雨水を集水して縦排水路で法尻へ導いて排水し、できるだけ切土部への水の浸透を防止する。
 切土法面では、土質・岩質・法面の規模に応じて、高さ5~10mごとに、1~2m幅の小段を設けるのがよい。
 切土部は常に表面排水を考えて適切な勾配をとり、かつ切土面を滑らかに整形するとともに、雨水などが湛水しないように配慮する。
 法面保護は、法面全体をビニールシートなどで被覆したり、モルタル吹付けにより法面を保護することもある。


2級 実地試験 問題4・5 コンクリート工 のサンプル

2土木 実地  H29-4-1  H28-3-1  H26-3-1  H24-3-1  H19-3-1
打継目の位置と処理

 打継目は、できるだけ、せん断力の小さい位置に設け、打継面を部材の圧縮力の作用方向と、直交させるのを原則とする。
 やむを得ず、せん断力の大きい位置に打継目を設ける場合には、打継目に、ほぞ、溝を造るか、適切な鋼材を配置して、これを補強しなければならない。
 打継目は、構造上の弱点になりやすく、漏水やひび割れの原因にもなりやすいため、その配置や処理に注意しなければならない。


2土木 実地  H30-5  H29-3-1  H25-3-1  H24-3-1  H22-3-1
コールドジョイント

 コンクリートを層状に打ち込む場合、先に打ち込んだコンクリートと、後から打ち込んだコンクリートとの間が、一体化していない不連続面を、コールドジョイントという
 下層のコンクリートが、固まり始めている場合に打ち込むと、上層と下層が完全に一体化していない、不連続面のコールドジョイントが発生する



2級土木施工管理技士 第二次検定(実地試験)出題傾向の分析

  • 過去問題の出題傾向から出題予想の分析を行い、高い確率で予想的中させています。
  • ◎は、予想が的中したものです。


難易度が高くても高得点を取る必要なし。時間をかけずに、確実に合格点、合格率アップを目指しましょう。!!

・毎年出題されている、過去問で頻出される問題はないか。
・頻繁に出題されている問題の周期は、1年置きか、2年置きか、3年置きか。
・久々に出題された問題があるが、同じように怪しい問題はないか。
・しはらく出題されていないが、気になる問題はないか。
このように、特化すべき重点問題を絞り込むことで合格率アップに繋がります。
試験日までの時間や難易度を考察し、計画性を持って合格を目指しましょう。


問題4・5 コンクリート工 予想 R02 R01 H30 H29 H28 H27 H26 H25-
H19
 
◇ コンクリートの打継目
 打継目の位置と処理 1
 水平打継目のレイタンス
 鉛直打継目のチッピング
 打込みと締固め
 水密性と鉛直打継目の止水板 1
   
◇ コンクリートの欠陥
 コールドジョイント 2
 沈みひび割れ 1
 ブリーディング 1
 全面網目状のひび割れ 1
 ひび割れの原因 1
   
◇ コンクリート用語
 呼び強度
 スランプ
 エントレインドエア
 スペーサー
 AE剤 1
 ワーカビリティー 1
 ブリーディング 1
 レイタンス
 タンピング
 コールドジョイント 2
   

  • このページに掲載している、出題傾向と出題予想のサンプルは、ほんの一部です。また、最新のものではありません。
  • 最新のすべての内容は、「これだけ項目集」をお申込み後、
    ダウンロードして、ご確認ください。




2級 実地試験 これだけ項目集 2,000 円(税込)

第二次検定(実地試験)出題傾向分析&重点項目集

出題傾向分析と解答例文、重点項目集を、メールで送信しています。



学科試験の出題傾向分析&重点項目集

こけだけ項目集が、選ばれる理由を紹介します。


土木施工管理技士試験

2級 第一次検定(学科試験)これだけ項目集

これだけ項目集について/2級土木施工管理技士 第一次検定 学科試験

「これだけ項目集」では、出題傾向を分析して、出題一覧表を作成しています。
どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されているのか、一目瞭然です。
毎年出題される問題は、隔年・数年間隔で出題される問題は、頻度の多い出題は、近年人気の問題は、などを考慮し、特化すべき重点問題を掲載しています。

出題傾向の分析と「これだけ項目集」を使用すれば、
絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、合格点が獲れる準備ができます。

これだけ項目集とは
・出題傾向の分析から、重点項目を絞り込み、これだけ項目集を作成しています。
・これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・Wordデータです。並べ替え、編集してオリジナルの項目集、問題集が作成できます。
・数枚づつ用紙に印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。


これだけ項目集/2級学科試験は、2021年版に更新済みです。
「お申込みはこちら」ボタンより、お申込みください。


これだけ項目集のサンプル/ 2級土木施工管理 第一次検定(学科試験)

これだけ項目集では、2級土木 学科試験で出題されるすべての、
次の出題分類について、重要項目集と出題傾向を作成しております。

2級土木 学科試験は、
土木一般 No.1~No.11、専門土木 No.12~No.31、法規 No.32~No.42、
共通工学 No.43~No.46、施工管理法 No.47~No.61。

このページに掲載している、サンプル項目集は、ほんの一部です。
また、最新のものではありません。
最新のすべての内容は、
「これだけ項目集」をお申込み後、ダウンロードして、ご確認ください。


オリジナルの重点項目集を作成しましょう。!!

・間違い探し問題の間違った文章は、正しい文章に直しています。
 直した正しい文章は、太字にしています。
・出題年度は、色を変えて記入しています。
 たくさんの色が付いている問題が、よく出る問題です。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・下記の出題傾向の分析表を参考にして、問題を絞り込めば、
 オリジナルの重要項目集、問題集が作成でき、自由な勉強法で合格率アップ。
・数枚ずつ用紙に印刷すれば、通勤や業務の合間に、効率的で様々な勉強法に利用ができます。


第一次検定(学科試験) 土木一般 No.1~No.11 のサンプル

2土木 学科  R01前-08  H29-07  H27-08  H25-06  H22-06
寒中コンクリート、暑中コンクリート

 寒中コンクリートは、水・骨材を加熱し、打込み時に所定コンクリート温度を確保。
 寒中コンクリートは、凝結及び硬化反応を早めるため、凝結遅延剤を使用する。
 寒中コンクリートの単位水量は、できるだけ少なくする
 日平均気温が4℃以下と想定されるなら、寒中コンクリートとして施工する。
 寒中コンクリートで保温養生を終了する場合、温度の急速な変化は極力避ける

 暑中コンクリートは、材料を冷やす、直射日光から防ぐ、十分湿気を与える
 日平均気温が25℃を超えると想定されるなら、暑中コンクリートとして施工する。
 暑中コンクリートの打込みを終了した場合、速やかに養生を開始する


2土木 学科  R01前-09 H30前-09 H29-09 H28-09 H27-09 H26-09
                        H23-09 H21-09 H18-09

中掘り杭工法

 中掘り杭工法における先端処理方法には、最終打撃方式、セメントミルク噴出かくはん方式、コンクリート打設方式がある。
 中掘り杭工法は、バイブロハンマ工法に比べて、近接構造物に対する影響が小さい
 中掘り杭工法は、低騒音・低振動工法で、隣接する構造物への影響は少ない
 中掘り杭工法は、一般に打込み杭工法に比べて騒音・振動が小さい。
 中掘り杭工法では、泥水処理、排土処理が必要なため、過大な先掘りを行わない
 中掘り杭工法は、一般に打込み杭工法に比べ、得られる支持力は小さい
 中掘り、プレボーリングの方法は、打撃振動方法と比べると、支持力は小さくなる
 中掘り杭工法では、泥水処理、排土処理が必要である。
 中掘り杭工法の掘削、沈設中は、過大な先掘り及び拡大掘りを行ってはならない。


第一次検定(学科試験) 専門土木 No.12~No.31 のサンプル

2土木 学科  R01後-12  H28-13  H26-12  H24-13  H22-13
鋼橋の溶接

 溶接部分は、有害な黒皮・さび・塗料・油を除去し、溶接線近傍を十分乾燥させる
 軟鋼用被覆アーク溶接棒は、われのおそれのない場合に使用されるが、吸湿すると欠陥が生じるので適度に乾燥させる
 溶接を行う場合、溶接線周辺を十分に乾燥させなければならない

 溶接継手の形式には、突合せ継手、十字継手などがある。
 グルーブ溶接は、溶接する部分を加工して、すき間をつくり溶接する継手である。
 橋梁の溶接は、一般に、アーク溶接による突合せ溶接、隅肉溶接が多く用いられる。
 応力を伝える溶接継手には、開先溶接又は連続すみ肉溶接を用いなければならない。


2土木 学科  R01後-19  H30前-19  H28-19  H23-19-2
                     H20-19-1  H17-19-4

路床の安定処理

 路床土が軟弱な場合、良質土での置換工法やセメント、石灰の安定処理工法がある。
 路床の安定処理工法には、セメントや石灰などの安定材が用いられる。
 セメント、石灰などの所定量の安定材は、散布機械、人力により均等に散布する
 粒状の生石灰の場合は、混合後に仮転圧し、生石灰の消化を待って再び混合する。
 混合終了後は、仮転圧を行い所定の形状に整形したのちに締固めをする。
 安定処理では、安定材の散布に先立ち、現地盤の不陸整正や仮排水溝の設置を行う。
 構築路床は、交通荷重を支持する層として適切な支持力と変形抵抗性が求められる。
 路床の安定処理は、下地となる路床を改善する処理であるため、現場で実施する



出題傾向の分析/2級 土木施工管理 第一次検定(学科試験)

このページに掲載している、学科試験の出題傾向は、ほんの一部です。
また、最新のものではありません。
最新のすべての内容は、
「これだけ項目集」をお申込み後、ダウンロードして、ご確認ください。

第一次検定(学科試験) 土木一般 No.1~No.11 の出題傾向

出題傾向の分析と重点項目について

土木一般 No. 1~No.11 の出題傾向は、次の通りです。
 土工は、土質試験と土の性質、建設機械、盛土の施工、法面保護工、切土法面、軟弱地盤対策、土量の変化率から出題されます。
 コンクリート工は、コンクリートの品質、骨材、混和材、配合、運搬・打込み・締固め、打継目の施工、養生、型枠支保工、鉄筋の加工・組立から出題されます。
 基礎工は、基礎工の施工、既製杭の施工、場所打ち杭工法、土留め工の施工から出題されます。

過去問題の出題傾向から出題予想分析を行い、高い確率で予想的中させています。
は、予想が的中したものです。



難易度が高くても高得点を取る必要なし。時間をかけずに、確実に合格点、合格率アップを目指しましょう。!!

・毎年出題されている、過去問で頻出される問題はないか。
・頻繁に出題されている問題の周期は、1年置きか、2年置きか、3年置きか。
・久々に出題された問題があるが、同じように怪しい問題はないか。
・しはらく出題されていないが、気になる問題はないか。
このように、特化すべき重点問題を絞り込むことで合格率アップに繋がります。
試験日までの時間や難易度を考察し、計画性を持って合格を目指しましょう。


土木一般 No. 1~No.11 予想 R02 R01
後期
R01
前期
H30
後期
H30
前期
H29 H28 H27-
H17
 
◇ 土質試験と土の性質
 室内試験と現場試験 1
 試験名と試験結果 8
 土のせん断強さ 1
   
◇ コンクリートの品質
 スランプ 5
 スランプ試験
 空気量 1
 レイタンス 2
 ブリーディング 3
 アルカリ骨材反応 1
 ワーカビリティー 2
 コンシステンシー 2
 ポンパビリティー
 フィニッシャビリティー
 マスコンクリート 3
 寒中コンクリート 3
 暑中コンクリート 1
 膨張コンクリート 2
   
◇ 土留め工の施工
 土留め工の部材名称 3
 土留め仮設工 1
 親杭横矢板工法 5
 鋼矢板工法 4
 地中連続壁工法 4
 鋼管矢板工法 3
 柱列杭
   

  • このページに掲載している、出題傾向と出題予想のサンプルは、ほんの一部です。また、最新のものではありません。
  • 最新のすべての内容は、「これだけ項目集」をお申込み後、
    ダウンロードして、ご確認ください。




2級 学科試験 これだけ項目集 2,000 円(税込)

第一次検定(学科試験)出題傾向分析&重点項目集

出題傾向分析と解答例文、重点項目集を、メールで送信しています。





この記事を書いている人 - WRITER -


運 営 者 : 資格試験-BOSS

職  業 : 建設コンサルタント会社の企業内技術士(現役)

習得資格 : 技術士(建設部門)、RCCM、測量士、
      施工管理技士(各種)、ダム管理士など多数。

主なWEB活動 :
誰もが楽に合格できる建設系資格試験の受験支援。
簡単に使える建設系CADシステム・技術計算ソフトの分析比較。
最良と呼べる企業ごとのシステム構築の提案など。

仕事以上の趣味とゆとり : 酒と肴のための放浪


詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 合格請負人『資格試験-BOSS』 , 2021 All Rights Reserved.