時間をかけずに、最低限の努力で、資格試験に合格したいあなたへ

合格請負人『資格試験-BOSS』

2級 管工事施工管理技士 経験記述、実地試験、学科試験

 
e1a9e0ad e75a 4443 8d23 3fb3520f00c5 - 2級 管工事施工管理技士 経験記述、実地試験、学科試験
この記事を書いている人 - WRITER -


運 営 者 : 資格試験-BOSS

職  業 : 建設コンサルタント会社の企業内技術士(現役)

習得資格 : 技術士(建設部門)、RCCM、測量士、
      施工管理技士(各種)、ダム管理士など多数。

主なWEB活動 :
誰もが楽に合格できる建設系資格試験の受験支援。
簡単に使える建設系CADシステム・技術計算ソフトの分析比較。
最良と呼べる企業ごとのシステム構築の提案など。

仕事以上の趣味とゆとり : 酒と肴のための放浪


詳しいプロフィールはこちら

このページは、2級経験記述、2級実地試験、2級学科試験 のページです。

- 管工事施工管理技士試験 対策ページの目次 -



管工事施工管理技士試験

経験記述、実地試験と学科試験の対策ツール


1級・2級 経験記述問題、
第二次検定(実地試験)と第一次検定(学科試験)に対応。
2,000名が合格できた、管工事施工管理試験の支援ツールです。




1級・2級 経験記述の支援ツール  3,000円 税込
経験記述問題の出題予想と解答例文

1級・2級 実地試験 これだけ項目集 2,000円 税込
第二次検定(実地試験)出題傾向分析&重点項目集

  2級 学科試験 これだけ項目集 2,000円 税込
第一次検定(学科試験)出題傾向分析&重点項目集

出題傾向分析と解答例文、重点項目集を、メールで送信しています。



目次

2021年度から試験制度が変更になります。

合格者の呼び名が変わります。
・第一次検定合格者 → 1級〇〇施工管理技士補、2級〇〇施工管理技士補
・第二次検定合格者 → 1級〇〇施工管理技士、2級〇〇施工管理技士

学科と実地の試験名が変わります。
・学科試験 → 第一次検定
・実地試験 → 第二次検定

(例)1級建築施工管理技士試験の場合
第一次検定では、監理技術者補佐として、
 施工の管理方法に関する一般的な知識、施工の管理を適確に行うために必要な応用能力が問われます。

第二次検定では、監理技術者として、
 工事の施工管理を適確に行うために必要な知識、工事に必要な措置を適切に行うことができる応用能力、工事現場における施工計画や施工図を適正に作成できる応用能力が問われます。


管工事施工管理技士 2級 経験記述の支援ツール

施工経験記述の対策は、過去に自分が経験した工事を選び、施工管理項目ごとに、事前に十分な準備をして、解答文を作成しておく必要があります。そのため難易度が高く感じたり、勉強法で悩まれる方も多いでしょう。

試験日までに効率的な試験対策を行うため、本年度の出題を予想し、独自の現場情報に書き換えるだけで、合格点の獲れる、解答例文を作成しました。

下記の「経験記述の出題傾向」を見れば、本年度の出題は容易に予想できます。
本年度に出題が予想される施工管理項目(テーマ)に沿った、
試験日までに合格点が獲れる「施工経験記述の解答例文」を、多数提供しています。


2級「経験記述の解答例」は、2021年版に更新済みです。
「お申込みはこちら」ボタンより、お申込みください。


管工事施工管理技士試験 2級 経験記述の出題予想

近年の、管工事施工管理技士試験、2級実地試験の経験記述問題は、次のものが順番に出題されています。
①「工程管理と安全管理」、②「工程管理と品質管理」、③「品質管理と安全管理」

下記の「経験記述の出題傾向」を見れば、本年度の出題は容易に予想できます。

 平成26年度の出題は、③「品質管理と安全管理」でした。
 平成27年度の出題は、②「工程管理と品質管理」でした。
 平成28年度の出題は、③「品質管理と安全管理」でした。
 平成29年度の出題は、②「工程管理と品質管理」でした。
 平成30年度の出題は、①「工程管理と安全管理」でした。
 令和01年度の出題は、②「工程管理と品質管理」でした。
 令和02年度の出題は、③「品質管理と安全管理」でした。

平成26年度、平成28年度につづき、令和01年度も①②③の出題順がズレました。

令和03年度(2021)の出題は、③「工程管理と安全管理」が予想されます。
「品質管理」の出題も予想されます。

「工程管理」「安全管理」「品質管理」の3項目について、しっかりと準備してください。


管工事施工管理技士試験 2級 経験記述の解答例

「経験記述問題の解答例」を使用すれば、自分が経験した現場条件に変更するだけで、確実に合格点が獲れる経験記述の準備ができます。

解答例文は、下記の内容で、合計30件、作成しています。
工程管理 10件、安全管理 10件、品質管理 10件。

解答例文は、それぞれの施工管理項目について、次の内容で作成しています。
 (1) 特に重要と考えた事項
 (2) とった措置又は対策


管工事施工管理技士 2級 経験記述の解答例サンプル

  • このページに掲載している、サンプル解答文は、ほんの一部です。また、最新のものではありません。
  • 最新のすべての内容は、「経験記述の解答例」をお申込み後、
    ダウンロードして、ご確認ください。

テナント工事による工程の遅れ (工程管理/サンプル解答文)

(1) 特に重要と考えた事項
 商業テナントビルの改修工事の全体工程の遅延を無くするには、オーナー側の施工範囲部分を順調に進め、速やかにテナント側に引き渡すことである。
 各テナントの仕様決定に遅れが生じたため、工期内に完成させる工程調整が、最も重要な課題であると考えた。

(2) とった措置又は対策
 商業テナントビルの改修工事の全体工程の遅延をなくすためには、テナント側の内装仕様の決定時期の厳守が重要であった。
 テナント側の内装仕様の決定時期の重要性を認識させるため、オーナー側の施工範囲である機器・配管施工図、総合工事工程表、設備機器の発注時期等を記した製作工程表によって、テナント側に説明を行った。
 毎月の施主工程会議等では、テナント側の内装仕様等の決定時期を確認して、工程を厳守をさせた。
 各テナントに当工事で設置する機器についてヒアリングを行い、仕様とその設置位置を決め、電気・天井工事等との工程調整を行った。
 飲食店の衛生配管は、できるだけ工場で加工を済ませ、工期の短縮を図った。


倒壊災害、第三者災害の防止 (安全管理/サンプル解答文)

(1) 特に重要と考えた事項
 公共工事としての公道の埋設給水管改修工事であった。道路掘削作業時の陥没や交通渋滞による、土砂崩壊・簡易山留の倒壊災害防止、及び第三者災害の防止に留意した。
 このような災害防止対策が、本工事における特に重要な、安全管理上の課題であった。

(2) とった措置又は対策
 崩壊・倒壊災害、第三者災害を防止するため、現場でとった措置・対策は、以下の通りであった。
① 施工計画作成時に、近隣の交通事情について道路管理者と警察へヒアリングを行い、施工時期及び道路迂回路計画を織り込んだ。
② 掘削作業は当初簡易山留での施工が計画されていたが、湧水の多い地域であったため、地下水位低下よる不同沈下が想定された。山留の工法をシートパイルに変更し、道路陥没・土砂崩壊を防止するとともに、作業エリアを確保することで複合作業時のエリア分けを行った。
③ 第三者が工事エリアに入らないように仮囲いを設置し、入場ゲートは通行時のみ開けることとした。
 上記の安全対策を行ったことで、事故の発生もなく、工事を無事竣工させることができた。


保温工事の品質管理 (品質管理/サンプル解答文)

(1) 特に重要と考えた事項
 本工事は、大規模な建物に空調機器やダクトを設置する工事であり、配管の総延長数量も多く、材料の種類も多い上に、保温工事の施工を複数の会社に分散して発注していた。そのため、保温工事の全体的な品質管理行うことが、本工事における、特に重要な課題であった。

(2) とった措置又は対策
 保温工事の全体的な品質を確保するため、現場でとった対策は、以下の通りであった。
① 天井などの隠蔽部の保温工事については、目視検査にて施工範囲や使用材料等の確認を行い、保温材厚さの測定も合わせて行った。
② 空調機器設置に伴って、電気や配管・ダクト等の多工種にわたる作業の集中が予想されるため、作業工程部会を開催して、機器の搬入設置後の各業者の施工順序を周知させ、保温工事業者に把握させた。
③ ダクトや給水・給湯など工種ごとに、施工個所や材料・材質・寸法・工法を詳細に記述したチェックリストを作成して、施工不良や使用材料の間違いの有無を確認した。
 上記の対策を行ったことで、保温工事の所要の品質を確保することができた。



管工事施工管理技士試験 2級 経験記述の部品集

管工事施工管理技士試験、経験記述の部品集は、
工程管理、安全管理、品質管理の出題項目について、
「特に重要と考えた事項」と「とった措置又は対策」に区分した部品集を多数準備しています。

  • 部品集から自身が体験した施工内容を選び、独自の現場情報を入れれば、経験記述の解答文の骨格が簡単に出来上がります。
  • たくさんのご好評をいただいている、大人気の部品集です。


管工事施工管理技士試験 2級 経験記述の出題傾向

  • 過去問題の出題傾向から出題予想の分析を行い、高い確率で予想的中させています。
  • ◎は、予想が的中したものです。

出題項目 予想 R02 R01 H30 H29 H28 H27 H26 H25-
H13
 
 工程管理 9
 品質管理 8
 安全管理 9
 出題パターン  
 

  • このページに掲載している、出題傾向と出題予想のサンプルは、ほんの一部です。また、最新のものではありません。
  • 最新のすべての内容は、「経験記述の解答例」をお申込み後、
    ダウンロードして、ご確認ください。




2級 経験記述の支援ツール  3,000 円(税込)

経験記述問題の出題予想と解答例文


出題傾向分析と解答例文を、メールで送信しています。



管工事施工管理技士試験

2級 第二次検定(実地試験)これだけ項目集

試験勉強は過去問題を分析し、重要部分を問題集などで実際に問題を解く勉強法が効果的です。
この「これだけ項目集」(出題傾向の分析と重点項目集)が、学科試験・実地試験の勉強法がかわからない方、業務でお忙しい方々の受験を支援します。

出題を分析した「実地試験の出題傾向」を見れば、本年度の出題が予想できます。
どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されるのか、一目瞭然です。
「これだけ項目集」は、出題回数別に色分けした解答例です。下記の「これだけ項目集のサンプル」を見れば、特化すべき本年度の重点問題が絞り込めます。


これだけ項目集/2級実地試験は、2021年版に更新済みです。
「お申込みはこちら」ボタンより、お申込みください。


2級管工事施工管理技士 第二次検定(実地試験)項目集サンプル

  • これだけ項目集では、2級 実地試験で出題される
    すべての出題分類について、重要項目集を作成しています。
  • このページに掲載している、サンプル解答文は、ほんの一部です。また、最新のものではありません。
  • 最新のすべての内容は、「これだけ項目集」をお申込み後、
    ダウンロードして、ご確認ください。


オリジナルの重点項目集を作成しましょう。!!

・間違い探し問題の間違った文章は、正しい文章に直しています。
 直した正しい文章は、太字にしています。
・出題年度は、色を変えて記入しています。
 たくさんの色が付いている問題が、よく出る問題です。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・下記の出題傾向の分析表を参考にして、問題を絞り込めば、
 オリジナルの重要項目集、問題集が作成でき、自由な勉強法で合格率アップ。
・数枚ずつ用紙に印刷すれば、通勤や業務の合間に、効率的で様々な勉強法に利用ができます。


2級 実地試験 問題2 空調設備 のサンプル

2管工事 実地  H28-2-1  H26-2-1  H25-2-1  H23-2-1  H21-2-1
空調用渦巻ポンプの単体試運転調整

 給油箇所への給油状況、油面計を点検をする。
 ポンプを手回して、手回し中の抵抗のむら、内部の焼付き、異物の食い込み、軸心の不一致、カップリングの水平度などを確認する。
 カップリングボルト、その他締付ボルトに異常がないかを確認する。
 吐出弁が閉じていることを確認し、ポンプ内に満水し、ポンプ内の空気を完全に抜く。
 瞬時運転を行い、ポンプの回転方向を点検する。
 吐出弁を制御し、吐出量が規定流量となるように調整する。
 軸受けの温度が、周囲の温度+40℃以下であることを確認する。
 一定時間以上運転した後で、軸受け温度を測定する。
 運転中の異常音、振動の有無について確認する。


2級 実地試験 問題3 給排水設備 のサンプル

2管工事 実地  R01-3  H28-3  H25-3  H23-3  H21-3
壁付け手洗器・洗面器の据え付け

洗面器の設置高さ
洗面器の設置高さは、床面より前縁上端まで 750~780 ㎜程度とする。
 取付け高さは、床面より前縁上端まで、手洗器は 760mm、洗面器は 720mmとする。
 横水洗を取付ける場合は、吐出口端とあふれ縁の間に、十分な空間をとる。

洗面器の取り付け
 軽量鉄骨下地壁に取付ける場合は、壁掛洗面器取付け面の両端に補強用軽量鉄骨を設置し、補強用合板を貼り、木ねじにてバックハンガーを固定する。
 コンクリート下地壁に取付ける場合は、コンクリート壁と仕上げ材との間に空隙がないようにモルタルにて充填し、バックハンガーをコンクリートアンカーボルト、コンクリート用接着系アンカーにて固定する。
壁に堅固に取り付けるように下地に当て木やアングル材などを取り付け、器具上部が水平になるように固定する。
 陶器の上面の水平を確認し、がたつきがないように、陶器の締付けを均一に行う。
 取り付け後、隙間がないことを確認し、壁面との間はシール材で防水処理する。



2級管工事施工管理技士 第二次検定(実地試験)出題傾向の分析

  • 過去問題の出題傾向から出題予想の分析を行い、高い確率で予想的中させています。
  • ◎は、予想が的中したものです。


難易度が高くても高得点を取る必要なし。時間をかけずに、確実に合格点、合格率アップを目指しましょう。!!

・毎年出題されている、過去問で頻出される問題はないか。
・頻繁に出題されている問題の周期は、1年置きか、2年置きか、3年置きか。
・久々に出題された問題があるが、同じように怪しい問題はないか。
・しはらく出題されていないが、気になる問題はないか。
このように、特化すべき重点問題を絞り込むことで合格率アップに繋がります。
試験日までの時間や難易度を考察し、計画性を持って合格を目指しましょう。


問題1 設備全般 予想 R02 R01 H30 H29 H28 H27 H26 H25-
H17
 
◇ 給水管・排水管
 器具排水管要領図
 グリストラップ
 テーパねじの加工状態 1
 ポンプの吸込み管の施工要領 1
 給水管の分岐方法 1
 水飲み器の間接排水要領図
 Y形ストレーナーの取付(方向)図 1
 
◇ 通気管
 通気管取出し部
 ループ通気管図 3
 通気管末端の開口位置 2
 
◇ 埋設管
 T字形に会合する汚水桝の施工要領 1
 インバート桝の肩の施工要領図 1
 雨水排水トラップ桝の内部詳細 1
 埋設排水配管図 1
 

  • このページに掲載している、出題傾向と出題予想のサンプルは、ほんの一部です。また、最新のものではありません。
  • 最新のすべての内容は、「これだけ項目集」をお申込み後、
    ダウンロードして、ご確認ください。




2級 実地試験 これだけ項目集 2,000 円(税込)

第二次検定(実地試験)出題傾向分析&重点項目集

出題傾向分析と解答例文、重点項目集を、メールで送信しています。



管工事施工管理技士試験

2級 第一次検定(学科試験)これだけ項目集

これだけ項目集について/2級管工事施工管理技士 第一次検定 学科試験

「これだけ項目集」では、出題傾向を分析して、出題一覧表を作成しています。
どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されているのか、一目瞭然です。
毎年出題される問題は、隔年・数年間隔で出題される問題は、頻度の多い出題は、近年人気の問題は、などを考慮し、特化すべき重点問題を掲載しています。

出題傾向の分析と「これだけ項目集」を使用すれば、
絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、合格点が獲れる準備ができます。

これだけ項目集とは
・出題傾向の分析から、重点項目を絞り込み、これだけ項目集を作成しています。
・これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・Wordデータです。並べ替え、編集してオリジナルの項目集、問題集が作成できます。
・数枚づつ用紙に印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。


これだけ項目集/2級学科試験は、2021年版に更新済みです。
「お申込みはこちら」ボタンより、お申込みください。


これだけ項目集のサンプル/2級管工事施工管理 第一次検定(学科試験)

これだけ項目集では、2級管工事 学科試験で出題されるすべての、
次の出題分類について、重要項目集と出題傾向を作成しております。

2級管工事 学科試験は、
原論・電気・建築 No.1~No.06、空調設備・衛生設備 No.07~No.23、
設備・設計図書 No.24~No.28、施工管理法 No.29~No.42、法規 No.43~No.52。

このページに掲載している、サンプル項目集は、ほんの一部です。
また、最新のものではありません。
最新のすべての内容は、
「これだけ項目集」をお申込み後、ダウンロードして、ご確認ください。


オリジナルの重点項目集を作成しましょう。!!

・間違い探し問題の間違った文章は、正しい文章に直しています。
 直した正しい文章は、太字にしています。
・出題年度は、色を変えて記入しています。
 たくさんの色が付いている問題が、よく出る問題です。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・下記の出題傾向の分析表を参考にして、問題を絞り込めば、
 オリジナルの重要項目集、問題集が作成でき、自由な勉強法で合格率アップ。
・数枚ずつ用紙に印刷すれば、通勤や業務の合間に、効率的で様々な勉強法に利用ができます。


第一次検定(学科試験)原論・電気・建築 No.01~No.06 のサンプル

2管工事 学科  H30前-01  H29-02  H27-02  H25-02  H22-02
空気環境の特性

 室内空気中の二酸化炭素の許容濃度は、一酸化炭素より高い
 浮遊粉じん量は、室内空気の汚染度を示す指標の一つである。
 揮発性有機化合物(VOCs)は、シックハウス症候群の主要因とされている。
 臭気は、二酸化炭素と同じように空気汚染を知る指標とされている。
 二酸化炭素の密度は、空気より大きく、重い
 二酸化炭素は、人体に有害で、空気よりも重い
 一酸化炭素は、無色無臭で、人体に有害な気体である
 ホルムアルデヒドは、内装仕上げ材や家具などから発生する有臭の気体である。
 PM2.5 は、大気中に浮遊する微小粒子状物質を表すもので、環境基準が定められている。


2管工事 学科  H30後-03  H29-03  H27-03  H25-03  H22-03
流体の特徴

 レイノルズ数は、乱流と層流の判定の目安になる。
 レイノルズ数が大きくなると、乱流になる
 ウォータハンマは、液体の粘性が小さい場合に発生しやすい。
 ベルヌーイの定理は、流線上にエネルギー保存の法則を適用したものである。
 毛管現象は、液体の表面張力によるものである。
 液体は、気体に比べて圧縮しにくい
 流体の粘性による影響は、流体が接する壁面近くで顕著に現れるため、無視できない
 大気圧の1気圧の大きさは、概ね深さ10mの水圧に相当する。
 水中における水の圧力は、静止した水面からの深さに比例して高くなる。
 圧力計が示すゲージ圧は、絶対圧から大気圧を差し引いた圧力である。



オリジナルの重点項目集を作成しましょう。!!

・間違い探し問題の間違った文章は、正しい文章に直しています。
 直した正しい文章は、太字にしています。
・出題年度は、色を変えて記入しています。
 たくさんの色が付いている問題が、よく出る問題です。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・下記の出題傾向の分析表を参考にして、問題を絞り込めば、
 オリジナルの重要項目集、問題集が作成でき、自由な勉強法で合格率アップ。
・数枚ずつ用紙に印刷すれば、通勤や業務の合間に、効率的で様々な勉強法に利用ができます。


第一次検定(学科試験)空調設備・衛生設備 No.07~No.23 のサンプル

2管工事 学科  H29-08  H27-10  H26-07  H24-08  H22-07
変風量単一ダクト方式

 変風量単一ダクト方式は、一般に、室内の負荷変動に対し、変風量(VAV)ユニットにより送風量を変化させる。
 部屋ごとに個別制御が可能である。
 部屋ごとの個別制御が可能。
 送風量の減少時においても、必要外気量を確保する必要がある。
 定風量単一ダクト方式に比べて、搬送エネルギーが小さくなる
 室内の気流分布が悪くならないように最小風量設定が必要となる。


2管工事 学科  H30後-16  H29-16  H26-16  H23-16  H22-16
下水道及び排水設備

 下水道とは、生活あるいは事業に起因する汚水、雨水を排除処理するものをいう。
 下水道施設の処理機能に障害を与える排水には、除害施設を設けなければならない。
 下水道の流速は、下流に行くに従い漸増させ、勾配は下流に行くに従い緩やかにする。
 排水管の管内流速は、掃流力を考慮し、0.6~1.5 m/s以上 とする。
 下水道の管きょ は、原則として、 放流管きょ を除いて 暗きょ とする。
 下水道本管への取付管の接続は、管頂より120度の間 に取り付け、管底接続としない
 排水設備のますは、排水管の長さが内径の 120 倍を超えない範囲内に設ける。
 宅地ますは、内径 15cm以上 の円形又は角形とし、雨水ますの底部には 泥だめを設ける。
 排水設備の雨水ますの底には、深さ15cm以上のどろ ためを設ける。



出題傾向の分析/2級管工事施工管理 第一次検定(学科試験)

このページに掲載している、学科試験の出題傾向は、ほんの一部です。
また、最新のものではありません。
最新のすべての内容は、
「これだけ項目集」をお申込み後、ダウンロードして、ご確認ください。

過去問題の出題傾向から出題予想分析を行い、高い確率で予想的中させています。
は、予想が的中したものです。



難易度が高くても高得点を取る必要なし。時間をかけずに、確実に合格点、合格率アップを目指しましょう。!!

・毎年出題されている、過去問で頻出される問題はないか。
・頻繁に出題されている問題の周期は、1年置きか、2年置きか、3年置きか。
・久々に出題された問題があるが、同じように怪しい問題はないか。
・しはらく出題されていないが、気になる問題はないか。
このように、特化すべき重点問題を絞り込むことで合格率アップに繋がります。
試験日までの時間や難易度を考察し、計画性を持って合格を目指しましょう。


空調設備 NO.07~No.14 予想 R02 R01
後期
R01
前期
H30
後期
H30
前期
H29 H28 H27-
H22
 
◇ 空気調和
 空気調和設備の計画
 変風量単一ダクト方式 4
 ダクト併用ファンコイルユニット 4
 マルチパッケージ形空気調和機 4
 定風量単一ダクト方式 4
 暖房時の湿り空気線図 3
 空気線図と空気調和システム図 1
 空気線図と結露
 潜熱と顕熱 6
 熱負荷 4
 ろ過式エアフィルターのろ材 2
 エアフィルターの種類と除去対象
 パッケージ形空気調和機 3
 
◇ 換気・排煙
 機械換気方式 1
 換気設備と換気方式 4
 換気 5
 排気ガラリ面積の算出
 有効換気量の算出式
 換気扇の給気口寸法 3
 換気扇の最小風量 2
 レンジフードの最小有効換気量 1
 

  • このページに掲載している、出題傾向と出題予想のサンプルは、ほんの一部です。また、最新のものではありません。
  • 最新のすべての内容は、「これだけ項目集」をお申込み後、
    ダウンロードして、ご確認ください。




2級 学科試験 これだけ項目集 2,000 円(税込)

第一次検定(学科試験)出題傾向分析&重点項目集

出題傾向分析と解答例文、重点項目集を、メールで送信しています。





この記事を書いている人 - WRITER -


運 営 者 : 資格試験-BOSS

職  業 : 建設コンサルタント会社の企業内技術士(現役)

習得資格 : 技術士(建設部門)、RCCM、測量士、
      施工管理技士(各種)、ダム管理士など多数。

主なWEB活動 :
誰もが楽に合格できる建設系資格試験の受験支援。
簡単に使える建設系CADシステム・技術計算ソフトの分析比較。
最良と呼べる企業ごとのシステム構築の提案など。

仕事以上の趣味とゆとり : 酒と肴のための放浪


詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 合格請負人『資格試験-BOSS』 , 2021 All Rights Reserved.