時間をかけずに、最低限の努力で、資格試験に合格したいあなたへ

合格請負人『資格試験-BOSS』

2級 建設機械施工管理技士 学科試験 / 択一式共通 & 択一式種別(第2種)

 
18877339 6c11 439f a110 a91195cc45bb - 2級 建設機械施工管理技士 学科試験 / 択一式共通 & 択一式種別(第2種)
この記事を書いている人 - WRITER -


運 営 者 : 資格試験-BOSS

職  業 : 建設コンサルタント会社の企業内技術士(現役)

習得資格 : 技術士(建設部門)、RCCM、測量士、
      施工管理技士(各種)、ダム管理士など多数。

主なWEB活動 :
誰もが楽に合格できる建設系資格試験の受験支援。
簡単に使える建設系CADシステム・技術計算ソフトの分析比較。
最良と呼べる企業ごとのシステム構築の提案など。

仕事以上の趣味とゆとり : 酒と肴のための放浪


詳しいプロフィールはこちら

2級 学科試験 / 択一式共通、択一式種別(第2種) のページです。

- 建設機械施工管理技士試験 対策ページの目次 -


2級 建設機械施工管理技士 学科試験 これだけ項目集

  択一式共通問題 & 択一式種別第2種

絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、

合格点が獲れます。


これだけ項目集が選ばれる多くの理由

シンプルなWordやExcelの、効率的に学習できるデジタル教材。

出題傾向の分析から、重点項目が絞り込まれている。

出題年度・出題回数ごとに、色分けして掲載されている。

対策項目の重要度、覚える優先順位などがハッキリわかる。

Wordデータなので編集し、オリジナル項目集、問題集を作れる。

スマホで使える、通勤中や仕事の空き時間に勉強できる。




択一式の共通問題&種別問題(第2種)がセットになって、
この価格(2,000円)で提供しています。


2級 建設機械施工管理技士 学科試験 これだけ項目集

   択一式共通問題 & 択一式種別第2種

  出題傾向分析表と特化すべき重点項目集 2,000 円(税込)


出題傾向分析と重点項目集を、メールで送信しています。




これだけ項目集 / 択一式共通問題 & 択一式種別(第2種)

試験勉強は過去問題を分析し、重要部分を問題集などで
実際に問題を解く勉強法が効果的です。
「これだけ項目集」では、出題傾向を分析して、出題一覧表を作成しています。
出題傾向分析表を見れば、どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されているのか、一目瞭然です。
毎年出題される問題は、隔年・数年間隔で出題される問題は、頻度の多い出題は、近年人気の問題は、などを考慮し、特化すべき重点項目集を掲載しています。

「出題傾向分析表」と「特化すべき重点項目集」を使用すれば、
絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、試験日までに合格点が獲れる準備ができます。




2021年度から試験制度が変更になります。

合格者の呼び名が変わります。
・第一次検定合格者 → 1級〇〇施工管理技士補、2級〇〇施工管理技士補
・第二次検定合格者 → 1級〇〇施工管理技士、2級〇〇施工管理技士

学科と実地の試験名が変わります。
・学科試験 → 第一次検定
・実地試験 → 第二次検定

(例)1級建築施工管理技士試験の場合
第一次検定では、監理技術者補佐として、
 施工の管理方法に関する一般的な知識、施工の管理を適確に行うために必要な応用能力が問われます。

第二次検定では、監理技術者として、
 工事の施工管理を適確に行うために必要な知識、工事に必要な措置を適切に行うことができる応用能力、工事現場における施工計画や施工図を適正に作成できる応用能力が問われます。


建設機械施工管理技士試験 これだけ項目集

2級 第一次検定/択一式共通問題


これだけ項目集/2級学科試験(択一式共通問題)は、
2021年版に更新済みです。
「お申込みはこちら」ボタンより、お申込みください。


「これだけ項目集」では、2級 建設機械施工管理技士 学科試験の
択一式共通問題で出題されるすべての出題分類について、
出題傾向分析表と重要項目集を作成しております。


択一式共通問題は、選択問題と必須問題に別れ、30問が出題されます。
選択問題は、特異な分野を選択するより、
出題頻度の高い問題を選択した方が、高得点につながります。


 選択問題 No.01~No.16 では、次のような分野から出題されます。
  ◇ 土の性質        ◇ 道路
  ◇ 岩の分類        ◇ 舗装
  ◇ コンクリート      ◇ 河川
  ◇ 土工          ◇ 測量
  ◇ 土留め支保工      ◇ 施工計画  
  ◇ 基礎工         ◇ 工程管理
  ◇ 杭の施工        ◇ 品質管理
  ◇ 軟弱地盤対策      ◇ 技術者の行動規範

 必須問題 No.17~No.20 では、次のような分野から出題されます。
  ◇ 建設機械原動機
  ◇ 石油燃料
  ◇ 潤滑剤

 選択問題 No.21~No.25 では、次のような分野から出題されます。
  ◇ 建設業法           ◇ 道路法
  ◇ 公共工事標準請負契約約款   ◇ 道路法施行規則   ◇ 廃棄物の処理清掃
  ◇ 公共工事の入札及び契約    ◇ 道路法施行令    ◇ 建設リサイクル法
  ◇ 騒音規制法(振動規制法)   ◇ 車両制限令

 選択問題 No.26~No.30 では、次のような分野から出題されます。
  ◇ 労働基準法       ◇ 労働安全衛生法
  ◇ 年少者労働基準規則   ◇ 労働安全衛生規則
  ◇ 労働契約法       ◇ 労働安全衛生法施行令


  • 掲載している、これだけ項目集のサンプルは、ほんの一部です。
  • すべての項目集は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。


2級 第一次検定(学科試験) 

重要項目集のサンプル/択一式共通問題


オリジナルの重点項目集を作成しましょう。!!

・間違い探し問題の間違った文章は、正しい文章に直しています。
 直した正しい文章は、太字にしています。
・出題年度は、色を変えて記入しています。
 たくさんの色が付いている問題が、よく出る問題です。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・下記の出題傾向の分析表を参考にして、問題を絞り込めば、
 オリジナルの重要項目集、問題集が作成でき、自由な勉強法で合格率アップ。
・数枚ずつ用紙に印刷すれば、通勤や業務の合間に、効率的で様々な勉強法に利用ができます。



◇ コンクリートの性質と施工

2建機択一  R01前期-03  H30-03  H29-03  H27-04  H25-04
コンクリートの締固め

・締固めにおいて棒状バイブレータは、材料分離の原因となるため、横移動を目的として使用してはならない
・締固めでの材料分離を抑制するため、内部振動機を用いてコンクリートを横移動させる目的で使用してはならない
・コンクリートを打ち重ねる場合の締固めでは、上層と下層が一体となるよう、棒状バイブレータを下層のコンクリート中に 10cm 程度、鉛直に挿入して行う
・硬化が始まったコンクリートは、練り直してはならない


◇ 土工

2建機択一  H30-06  H29-06  H28-08  H27-06  H26-07
土工作業と建設機械

(作業の種類)      (使用される建設機械)
伐開除根     … ブルドーザ、レーキドーザ、バックホウ
・掘削       … バックホウ、クラムシェル、ブルドーザ
溝掘り      … トレンチャ、クラムシェル
硬い岩盤の削岩  … ドリフタ、クローラドリル、レッグドリル
締固め      … 振動ローラ、ロードローラ、タイヤローラ、ランマ、タンパ
敷ならし、整地  … モータグレーダ、ブルドーザ
・のり面仕上げ   … バックホウ
土砂運搬、積込み … トラクタショベル


◇ 潤滑剤

2建機択一  R01前期-20  H29-20  H28-20  H26-19  H25-20
エンジンオイル

・マルチグレードオイルと呼ばれるエンジンオイルは、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンに共用できない
・マルチグレードオイルと呼ばれるものは、夏冬通して使用できる。
・10W 等、粘度グレードの番号「W」がつくエンジンオイルは冬季用である
・ディーゼルエンジンには、鉱物油ベースのエンジンオイルが一般的に使用されている。
・外気温が高い場合は高粘度、低い場合は低粘度のエンジンオイルを使用する。

・オイルの交換は、エンジンが暖まっている間に行うと、粘度が下がっているので排出しやすい。
・オイルの交換は、一般に 250~500時間 ごとに行う。
・なるべく粘度変化の小さいものが望ましい。
・清浄分散性の高いものを使用する。



2級 第一次検定(学科試験) 

出題分析表のサンプル/択一式共通問題


過去問題の出題傾向から出題予想分析を行い、高い確率で予想的中させています。
◎は、予想が的中したものです。


難易度が高くても高得点を取る必要なし。時間をかけずに、確実に合格点、合格率アップを目指しましょう。!!

・毎年出題されている、過去問で頻出される問題はないか。
・頻繁に出題されている問題の周期は、1年置きか、2年置きか、3年置きか。
・久々に出題された問題があるが、同じように怪しい問題はないか。
・しはらく出題されていないが、気になる問題はないか。
このように、特化すべき重点問題を絞り込むことで合格率アップに繋がります。
試験日までの時間や難易度を考察し、計画性を持って合格を目指しましょう。


選択問題 NO.01~No.16 予想 R02 R01
後期
R01
前期
H30 H29 H28 H27 H26-H25
   
◇ 土工
 地山の掘削作業
 掘削工法
 床掘り掘削
 切土と盛土
 のり面の小段、排水
 のり面の勾配と高さ
 盛土材料 2
 盛土の敷きならし 1
 盛土の締固め 2
 土の品質管理
 土の運搬計画、配分計画
 土量の変化率
 トラフィカビリティ
 土質試験と結果利用 2
 土工作業と建設機械 1
 建設機械の適正な運搬距離
 掘削に伴う排水工法 1
 伐開除根 1
   
必須問題 NO.17~No.20 予想 R02 R01
後期
R01
前期
H30 H29 H28 H27 H26-H25
   
◇ 石油燃料
 軽油の特性 2
 燃料の取扱い
 建設機械用燃料の特徴
   
◇ 潤滑剤
 潤滑油に必要な性質
 潤滑剤
 作動油 1
 エンジンオイル 1
 建設機械の液体用品
   


  • 掲載している、これだけ択一集のサンプルは、ほんの一部です。
  • すべての項目集は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。




2級 建設機械施工管理技士 学科試験 これだけ項目集

   択一式共通問題 & 択一式種別第2種

  出題傾向分析表と特化すべき重点項目集 2,000 円(税込)


出題傾向分析と重点項目集を、メールで送信しています。



建設機械施工管理技士試験 これだけ項目集

2級 第一次検定/択一式種別問題(第2種)


これだけ項目集/2級学科試験(択一式種別問題 第2種)は、
2021年版に更新済みです。
「お申込みはこちら」ボタンより、お申込みください。


「これだけ項目集」では、2級 建設機械施工管理技士 学科試験の
択一式種別問題(第2種)で出題されるすべての出題分類について、
出題傾向分析表と重要項目集を作成しております。


択一式種別問題(第2種)は、全20問が必須問題になっています。
出題頻度の高い問題を選択した方が、高得点につながります。


 ショベル系建設機械の特徴と構造 No.01~No.10 では、次のような分野から出題されます。
  ◇ ショベル系建設機械の諸元と性能
  ◇ 油圧ショベルの構造と機能
  ◇ 油圧ショベルの作業と装置
  ◇ 油圧ショベルの運転と点検

 ショベル系建設機械の施工方法 No.11~No.20 では、次のような分野から出題されます。
  ◇ ショベル系掘削機械の選定
  ◇ ショベル系建設機械の作業方法
  ◇ 施工能力、作業量と作業時間の計算


  • 掲載している、これだけ項目集のサンプルは、ほんの一部です。
  • すべての項目集は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。


2級 第一次検定(学科試験) 

重要項目集のサンプル/択一式種別問題(第2種)


オリジナルの重点項目集を作成しましょう。!!

・間違い探し問題の間違った文章は、正しい文章に直しています。
 直した正しい文章は、太字にしています。
・出題年度は、色を変えて記入しています。
 たくさんの色が付いている問題が、よく出る問題です。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・下記の出題傾向の分析表を参考にして、問題を絞り込めば、
 オリジナルの重要項目集、問題集が作成でき、自由な勉強法で合格率アップ。
・数枚ずつ用紙に印刷すれば、通勤や業務の合間に、効率的で様々な勉強法に利用ができます。



◇ ショベル系建設機械の特徴

2建機第2種  R01後期-02  H30-01  H29-06  H28-03  H25-06
ドラグラインの特徴と用途

・ドラグラインは、機械の設置地盤より低い場所を掘削する機械である。
・ドラグラインは、掘削半径が大きく、ブームのリーチより遠い箇所まで掘削できる。
・ドラグラインは、水中掘削も可能で、河川の改修工事、砂利の採取に適している。
・ドラグラインは、軟弱地や河川浚渫などの浅く広い範囲の掘削に適している。


◇ 油圧ショベルの構造と機能

2建機第2種  R01後期-06  R01前期-05  H30-03  H28-04  H27-03
油圧ショベルの旋回装置

・一般に油圧ショベルの旋回装置は、インナレースの内側に歯が切ってある。
・旋回装置の、インナレースの内側に歯は、上部旋回体に設けられている油圧モータのピニオンと噛み合う
・旋回ベアリングは、下部走行体に対し上部旋回体をスムーズに旋回させるものである。
・旋回装置は、下部走行体に対し上部旋回体をスムーズに旋回させるもので、一般にボールベアリングが用いられる。

・旋回方向の切換えは、コントロールバルブによって旋回油圧モータの回転方向を変えて行う。
・一般に旋回油圧モータは、小形高速モータで、減速機は、平歯車または遊星歯車を用いている。
センタジョイントは、上部旋回体が旋回しても下部走行体の油圧機器に油を送る作動油配管がよじれないようにする装置である。
・エンジンで駆動されている油圧ポンプの油はコントロールバルブからセンタジョイントを介して下部走行体の油圧モータに送られる。


◇ ショベル系建設機械の作業方法

2建機第2種  R01後期-18  R01前期-17  R01前期-13  H29-16  H28-19
油圧テレスコピック式クラムシェルの作業方法

・伸縮アームにより、機械が設置された地盤より低い所を削り取るのに適した機械である。
・ウェル等の基礎掘削、ビルの根切り、地下鉄工事の集積土さらい等に用いられる。
掘削半径が小さく、土留や仮締切内の施工で、掘削深さ 5m~20m の施工に採用される。
切梁や腹起等の作業障害が、比較的少ない施工に採用される。

・傾斜地では、横断や方向転換の禁止、谷側への旋回禁止とし、山側への旋回も低速で慎重に行う。
・アームを伸ばした状態で急激な旋回やアームの押し引きをしてはならない。
・アームシリンダによるバケットの押付け掘削を行ってはいけない
・移動時は、アームを最短にし、バケットを地上から 50cm 程度にブームを調整する
・走行時に、バケットを引き寄せ過ぎると、バケットが揺れてキャブにあたる恐れがある。
・バケットは決められた大きさのものを使用し、引き上げはアームを垂直にして行う
作業装置がバックホウより重いため、走行や作業時は特に転倒に注意する。
・掘削は、クローラの前後方向を掘削方向に向け、走行モータを後ろにして掘削する。



2級 第一次検定(学科試験) 

出題分析表のサンプル/択一式種別問題(第2種)


過去問題の出題傾向から出題予想分析を行い、高い確率で予想的中させています。
◎は、予想が的中したものです。


難易度が高くても高得点を取る必要なし。時間をかけずに、確実に合格点、合格率アップを目指しましょう。!!

・毎年出題されている、過去問で頻出される問題はないか。
・頻繁に出題されている問題の周期は、1年置きか、2年置きか、3年置きか。
・久々に出題された問題があるが、同じように怪しい問題はないか。
・しはらく出題されていないが、気になる問題はないか。
このように、特化すべき重点問題を絞り込むことで合格率アップに繋がります。
試験日までの時間や難易度を考察し、計画性を持って合格を目指しましょう。


ショベル系建設機械の施工方法
 No.11~No.20
予想 R02 R01
後期
R01
前期
H30 H29 H28 H27 H26-H25
   
◇ ショベル系建設機械の作業方法
 ショベル系建設機械の作業方法 1
 バックホウの掘削作業 2
 バックホウの積込み作業 2
 バックホウの作業能力、サイクルタイム 2
 バックホウのバケット作業 2
 バックホウのブームとアーム作業 1
 バックホウのクローラ作業 1
 バックホウの走行モータ作業 1
 バックホウの溝掘削
 バックホウのベンチカット工法
   


  • 掲載している、これだけ択一集のサンプルは、ほんの一部です。
  • すべての項目集は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。




2級 建設機械施工管理技士 学科試験 これだけ項目集

   択一式共通問題 & 択一式種別第2種

  出題傾向分析表と特化すべき重点項目集 2,000 円(税込)


出題傾向分析と重点項目集を、メールで送信しています。




この記事を書いている人 - WRITER -


運 営 者 : 資格試験-BOSS

職  業 : 建設コンサルタント会社の企業内技術士(現役)

習得資格 : 技術士(建設部門)、RCCM、測量士、
      施工管理技士(各種)、ダム管理士など多数。

主なWEB活動 :
誰もが楽に合格できる建設系資格試験の受験支援。
簡単に使える建設系CADシステム・技術計算ソフトの分析比較。
最良と呼べる企業ごとのシステム構築の提案など。

仕事以上の趣味とゆとり : 酒と肴のための放浪


詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 合格請負人『資格試験-BOSS』 , 2021 All Rights Reserved.