時間をかけずに、最低限の努力で、資格試験に合格したいあなたへ

合格請負人『資格試験-BOSS』

こけだけ択一集/問題2 一般知識、問題4 基礎技術・専門技術/RCCM試験

 
cb48b75b 2906 4be5 a645 a57b1e6f2b9b - こけだけ択一集/問題2 一般知識、問題4 基礎技術・専門技術/RCCM試験
この記事を書いている人 - WRITER -


運 営 者 : 資格試験-BOSS

職  業 : 建設コンサルタント会社の企業内技術士(現役)

習得資格 : 技術士(建設部門)、RCCM、測量士、
      施工管理技士(各種)、ダム管理士など多数。

主なWEB活動 :
誰もが楽に合格できる建設系資格試験の受験支援。
簡単に使える建設系CADシステム・技術計算ソフトの分析比較。
最良と呼べる企業ごとのシステム構築の提案など。

仕事以上の趣味とゆとり : 酒と肴のための放浪


詳しいプロフィールはこちら


このページは、
問題2 一般知識、問題4-1 基礎技術、問題4-2 専門技術 のページです。


- RCCM試験 対策ページの目次 -


RCCM試験は、令和3年度(2021)から、CBTになります。
CBT方式の試験では、全てコンピュータを利用しての解答となります。
・受験申込期間 : 5月17日 ~ 6月18日  (Web申請システムより受験申込書を作成)
・受験予約期間 : 7月12日 ~ 10月26日  (HPより、受験希望の会場、日時を予約)
・試験期間 :   9月 1日 ~ 10月31日  (RCCM試験A・Bの両方を受験すること)
   詳細は、建設コンサルタンツ協会 のページでご確認ください。

問題Ⅲ 管理技術力の出題テーマが公表されました。  公表テーマの詳細は、こちらへ

公表テーマで指定された用語・キーワードに対応した、
最新の解答例を配布しています。(6テーマ其々に3件、合計18件の解答例)


 

RCCM試験 「これだけ択一集」

 問題2 一般知識、問題4 基礎技術・専門技術

絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、

合格点が獲れます。

 

これだけ択一集が選ばれる多くの理由

シンプルなWordやExcelの、効率的に学習できるデジタル教材。

出題傾向の分析から、重点項目が絞り込まれている。

出題年度・出題回数ごとに、色分けして掲載されている。

対策項目の重要度、覚える優先順位などがハッキリわかる。

Wordデータなので、編集しオリジナル項目集、問題集を作れる。

スマホで使える、通勤中や仕事の空き時間に勉強できる。




RCCM試験の、問題2 一般知識、問題4 基礎技術・専門技術に対応

こけだけ択一集/問題2 一般知識問題

   出題傾向分析表と特化すべき重点項目集 2,000 円(税込)

こけだけ択一集/問題4-1 基礎技術問題

   出題傾向分析表と特化すべき重点項目集 2,000 円(税込)

こけだけ択一集/問題4-2 専門技術問題

( 道路、河川砂防海岸、鋼構造コンクリート )

   出題傾向分析表と特化すべき重点項目集 2,000 円(税込)


出題傾向分析表と特化すべき重要項目集を、メールで送信しています。


これだけ択一集について/問題2 一般、問題4 基礎・専門

試験勉強では過去問題を分析し、重要部分を問題集などで実際に問題を解く勉強法が重要です。
「これだけ択一集」では、出題傾向を分析して、出題一覧表を作成しています。
出題傾向分析表を見れば、どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されているのか、一目瞭然です。
毎年出題される問題は、隔年・数年間隔で出題される問題は、頻度の多い出題は、近年人気の問題は、などを考慮し、特化すべき重点項目集を掲載しています。

「出題傾向分析表」と「特化すべき重点項目集」を使用すれば、
絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、試験日までに合格点が獲れる準備ができます。



RCCM試験の出題傾向分析&重点「これだけ択一集」とは、

このようなものです。少しだけ紹介します。




RCCM試験 これだけ択一集

問題2 一般知識、業務関連法制度


問題2 一般知識問題の「これだけ択一集」では、
出題傾向分析表と重要項目集を
次の
すべての出題分類について、作成しております。


◇ RCCM、建設コンサルタントの登録更新
◇ シビルコンサルティ ングマネージャ(RCCM)倫理規定
◇ 職業倫理行動規範
◇ CPD
◇ 入札方式、発注方式
◇ 公共土木設計業務等標準委託契約約款
◇ 設計業務等共通仕様書
◇ 地方整備局委託業務等成績評定要領
◇ 公共工事の品質確保の促進に関する法律
◇ 国土交通省の重点政策
◇ 国土交通白書
◇ 社会資本整備の重点計画
◇ 頻発する激甚災害
◇ 知的財産権
◇ 建設コンサルタント技術者の行動規範


  • これだけ択一集のサンプルは、ほんの一部です。
  • すべての項目集は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。


問題2 一般知識の「これだけ択一集」は、2021年版に更新済です。
「お申込みはこちら」ボタンより、お申込みください。


RCCM試験  重要項目集のサンプル/問題2 一般知識


オリジナルの重点項目集を作成しましょう。!!

・間違い探し問題の間違った文章は、正しい解答例に直しています。
 直した解答例は、太字にしています。
・出題年度は、色を変えて記入しています。
 たくさんの色が付いている問題が、よく出る問題です。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・下記の出題傾向の分析表を参考にして、問題を絞り込めば、
 オリジナルの重要項目集、問題集が作成でき、自由な勉強法で合格率アップ。
・数枚ずつ用紙に印刷すれば、通勤や業務の合間に、効率的で様々な勉強法に利用ができます。



◇ 地方整備局委託業務等成績評定要領

RCCM2  H30-10  H29-10  H28-10  H27-10  H26-10  H25-10
成績評定

〔地方整備局委託業務等成績評定要領〕
・成績評定要領の目的は、成績評定に必要な事項を定め、厳正かつ的確な評定の実施を図り、建設コンサルタント等並びに、技術者の適正な選定、指導育成に資することを目的としている。
・成績評定は、原則として1件の契約金額が100万円を超える委託業務等について行うものとする。
・委託業務等の評定者は、完了検査官、総括監督員、主任監督員をいう。

・評定は、評価を公正に行うために、完了検査後、速やかに行わなければならない。
(評定審査会を発足し、その審査の結果を踏まえて、評価を行う必要はない)
・評定の時期は、完了検査を実施したとき、委託業務等が完了したときに評定するものとする。(業務の中間時期に評定はしない)
・「設計業務等共通仕様書」に定める調査業務及び計画業務の評価項目は、専門技術力、管理技術力、コミュニケーション力、取組姿勢、成果品の品質である。
・計画業務の総合評定点の算出において、最も重み付けが大きい評価項目は、成果品の品質である。

・局長は、評定者から評定表の提出があったときは、遅滞なく、当該委託業務等の受注者に対して、評定の結果を規定様式により通知するものとする。
・完了検査官である委託業務等の評定者は完了検査を実施したとき、総括監督員等又は総括調査員等である委託業務等の評定者は委託業務等が完了したとき、それぞれ評定するものとする。
・委託業務等成績評定表における考査項目は、プロセス評価と結果の評価である 。
・・・・・(中略)


◇ 公共工事の品質確保の促進に関する法律

RCCM2  H30-12  H29-12  H26-11  H26-12  H25-11  H24-12
品質確保の発注者責務

〔公共工事の品質確保の促進に関する法律の一部を改正する法律〕

・発注者は、公共工事の品質確保の担い手の中長期的な育成及び確保に配慮しつつ、仕様書、設計書及び予定価格の作成を適切に実施しなければならない。
・発注者は、適正な利潤を確保することができるよう、経済社会情勢の変化を勘案し、市場における労務、資材等の取引価格、施工の実態等を的確に反映した予定価格を適正に定めなければならない。
・発注者は、入札不調若しくは落札者がいなかった場合、入札者の見積書を徴収後、
適正な予定価格を設定し、速やかに入札契約を締結するよう努めなければならない。
・発注者は、高度な技術又は優れた工夫を含む技術提案を求めたときは、契約内容を踏まえ、予定価格を定めることができる。
・発注者は、公共工事の品質が確保されるよう、仕様書及び設計書の作成、予定価格の作成、入札及び契約の方法の選択、契約相手の決定を適切に実施しなければならない。

・受注者は、契約された公共工事を適正に実施し、下請契約を締結するときには、適正な額の請負代金での下請契約の締結に努めなければならない。
・発注者は、その請負代金の額によっては公共工事の適正な施工が通常見込まれない契約の締結を防止(ダンピング防止)するため、最低制限価格の設定等その他の必要な措置を講じなければならない。
・発注者は、競争に参加する者に対し技術提案を求めて落札者を決定する場合には、
あらかじめその目的と評価の方法を公表するとともに、評価の後にその結果を公表しなければならない
・発注者は、競争参加者から技術提案を求めるよう努力し、中立・公正な審査・評価が行われるよう必要な措置を講じて、これを適切に審査・評価しなければならない。
・発注者は、競争に参加する者について、熟練技術者、資格の保有状況、工事の実施体制を適切に審査し、公共工事の契約に評価するよう努めなければならない。

・発注者は、施工状況の評価の標準化やデータベース整備・更新等の必要な措置を講ずること、他の発注者との情報交換等により連携を図るように努めなければならない。
・受注者は、契約された公共工事を適切に実施するとともに、そのために必要な技術能力の向上に努めなければならない。
・発注者は、発注関係事務を適切に実施するために必要な職員の配置、その他の体制の整備に務めなければならない。
・受注者の責務に、公共工事の適正な実施のために必要な資格の取得並びに技術者の確保のために、労働環境の整備や、人材育成に努めなければならないことが追加された。
・・・・・(中略)


◇ 知的財産権

RCCM2  H30-19 H29-19 H28-19  H27-19 H26-19 H25-19 H24-19
産業財産権

・産業財産権には、特許権、実用新案権、商標権、意匠権がある。
・特許権は、出願された日から20年間(一部25年に延長)保護される。
・特許権は、出願の日から20年保護される。
・商標権に関わるマーク等の営業標識は、登録の日から10年保護される。
・意匠権の存続期間は、登録のされた日から20年間保護される。
・・・・・(中略)



RCCM試験  出題分析表のサンプル/問題2 一般知識


過去問題の出題傾向から出題予想分析を行い、高い確率で予想的中させています。
◎は、予想が的中したものです。


難易度が高くても高得点を取る必要なし。時間をかけずに、確実に合格点、合格率アップを目指しましょう。!!

・毎年出題されている問題はないか。
・頻繁に出題されている問題の周期は、1年置きか、2年置きか、3年置きか。
・久々に出題された問題があるが、同じように怪しい問題はないか。
・しはらく出題されていないが、気になる問題はないか。
このように、特化すべき重点問題を絞り込むことで合格率アップに繋がります。
試験日までの時間や難易度を考察し、計画性を持って合格を目指しましょう。


問題2 一般知識 予想 R01 H30 H29 H28 H27 H26 H25 H24-
H24
◇ 入札方式、発注方式
 プロポーザル方式、総合評価落札方式の発注方式 1
 プロポーザル方式、総合評価落札方式の評価 1
 技術提案書の必要記載事項(標準プロポーザル方式)
◇ 公共土木設計業務等標準委託契約約款
 再委託
 貸与品
 業務委託料の構成 1
 著作物、著作権の譲渡
 管理技術者
 調査職員の有する権限 1
 解除権の行使 1
 瑕疵担保
 履行期間の延長と短縮


  • これだけ択一集のサンプルは、ほんの一部です。
  • すべての項目集は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。


こけだけ択一集/問題2 一般知識問題

  出題傾向分析表と特化すべき重点項目集 2,000 円(税込)


出題傾向分析表と特化すべき重要項目集を、メールで送信しています。





RCCM試験 これだけ択一集

問題4-1 基礎技術問題


問題4-1 共通基礎技術問題の「これだけ択一集」では、
出題傾向分析表と重要項目集を
次の
すべての出題分類について、作成しております。


◇ 測 量
◇ 構造力学
◇ 土木材料
◇ 鋼構造コンクリート
◇ 土質基礎
◇ 水理計算
◇ 施工管理
◇ 理数基礎
◇ その他(環境、情報、技術史)


  • これだけ択一集のサンプルは、ほんの一部です。
  • すべての項目集は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。


問題4-1 基礎技術「これだけ択一集」は、2021年版に更新済です。
「お申込みはこちら」ボタンより、お申込みください。


RCCM試験  重要項目集のサンプル/問題4-1 基礎技術

 

オリジナルの重点項目集を作成しましょう。!!

・間違い探し問題の間違った文章は、正しい解答例に直しています。
 直した正しい解答例は、太字にしています。
・出題年度は、色を変えて記入しています。
 たくさんの色が付いている問題が、よく出る問題です。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・下記の出題傾向の分析表を参考にして、問題を絞り込めば、
 オリジナルの重要項目集、問題集が作成でき、自由な勉強法で合格率アップ。
・数枚ずつ用紙に印刷すれば、通勤や業務の合間に、効率的で様々な勉強法に利用ができます。



◇ 測 量

RCCM4-1  H30-02  H28-02  H27-02  H25-02  H24-02
地形図の標高基準と標高表記

・国土地理院発行の地形図1/25,000図、1/50,000図の標高の基準は、
東京湾平均海面(T.P.) である
・標高の表記における「TP+15m」とは、東京湾平均海面から15mの高さを示す


◇ 構造力学

RCCM4-1  H30-05  H27-05  H26-05  H24-05
断面二次モーメント:矩形断面

矩形断面における中立軸(X-X)廻りの断面二次モーメントIを求める。

・円形断面は4乗、矩形断面は3乗となる
断面二次モーメントI = bh^3/12 = 6×10^3/12 = 500 m4

r27 05 - こけだけ択一集/問題2 一般知識、問題4 基礎技術・専門技術/RCCM試験


◇ 土質基礎

RCCM4-1  H29-11  H28-09  H26-09  H24-09
主働土圧

抗土圧構造物が背面地盤から離れる方向に変位するとき、背面地盤の土圧は減少し一定値に落ち着くが、このときの土圧は、主働土圧である。
主働土圧は、背面地盤が壁体を前方へ押し出しながら(離れる方向に変位しながら)塑性状態に達した時の土圧である。

次のものは、該当しない。
・受動土圧は、背面地盤が壁体によって押込まれながら(離れる方向に変位しない)塑性状態に達した時の土圧である。
・静止土圧は、土に接する壁体が地盤内に地盤を乱すことなく、変位させずに設置されたときの土圧である。主働土圧と受働土圧の間に位置する。
・鉛直土圧は、土圧の鉛直成分である。



RCCM試験  出題分析表のサンプル/問題4-1 基礎技術


過去問題の出題傾向から出題予想分析を行い、高い確率で予想的中させています。
◎は、予想が的中したものです。


難易度が高くても高得点を取る必要なし。時間をかけずに、確実に合格点、合格率アップを目指しましょう。!!

・毎年出題されている問題はないか。
・頻繁に出題されている問題の周期は、1年置きか、2年置きか、3年置きか。
・久々に出題された問題があるが、同じように怪しい問題はないか。
・しはらく出題されていないが、気になる問題はないか。
このように、特化すべき重点問題を絞り込むことで合格率アップに繋がります。
試験日までの時間や難易度を考察し、計画性を持って合格を目指しましょう。


問題4-1 基礎技術 予想 R01 H30 H29 H28 H27 H26 H25 H24-
H24
◇ 鋼構造コンクリート
 プレストレストコンクリート
 PCの略称
 鋼材記号(JIS規格) 1
 鉄筋記号(JIS規格)
 鋼材の性質
 鉄筋コンクリートの計算
 RC梁のスターラップの役目
 鉄筋コンクリート構造物の耐久性
 鉄筋コンクリートの性質
◇ 施工管理
 河川堤防の堤体材料
 盛土の締固め規定 1
 NATM工法の支保部材
 コンクリートの養生方法
 コンクリート構造物の補修
 コンクリートの性質


  • これだけ択一集のサンプルは、ほんの一部です。
  • すべての項目集は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。


こけだけ択一集/問題4-1 基礎技術問題

  出題傾向分析表と特化すべき重点項目集 2,000 円(税込)


出題傾向分析表と特化すべき重要項目集を、メールで送信しています。





RCCM試験 これだけ択一集

問題4-2 専門技術問題


問題4-2 専門技術問題の「これだけ択一集」では、
出題傾向分析表と重要項目集を、次の分野について、作成しています。


◇ 道 路
◇ 河川、砂防及び海岸・海洋
◇ 鋼構造コンクリート


  • これだけ択一集のサンプルは、ほんの一部です。
  • すべての項目集は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。


問題4-2 専門技術「これだけ択一集」は、2021年版に更新済です。
「お申込みはこちら」ボタンより、お申込みください。


重要項目集のサンプル/問題4-2 専門技術 道 路


オリジナルの重点項目集を作成しましょう。!!

・間違い探し問題の間違った文章は、正しい解答例に直しています。
 直した正しい解答例は、太字にしています。
・出題年度は、色を変えて記入しています。
 たくさんの色が付いている問題が、よく出る問題です。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・下記の出題傾向の分析表を参考にして、問題を絞り込めば、
 オリジナルの重要項目集、問題集が作成でき、自由な勉強法で合格率アップ。
・数枚ずつ用紙に印刷すれば、通勤や業務の合間に、効率的で様々な勉強法に利用ができます。



◇ 道路の区分

RCCM4-2道路  H30-13  H30-18  H27-17  H25-11  H25-12

道路の区分

・道路の区分は、道路の種類、計画交通量、道路の存する地域および地形の状況から定まるものであり、自動車の交通機能を中心に考えて定めたものである。
・歩行者や自転車の交通機能は自動車とは別に考えるべきものであり、また空間機能も自動車の交通機能とは直接関係ない。

普通道路とは、道路構造令第 4 条に規定する小型自動車、普通自動車、セミトレーラ連結車の通行の用に供することを目的とする道路であり、通行機能、アクセス機能など一般的な機能を有する道路である。

小型道路とは、設計車両を道路構造令第4条に規定する小型自動車等のみの通行の用に供することを目的とする道路であり、主に通行機能を考慮した道路である。
・小型道路は、普通道路の整備が困難な場所で、自動車が沿道へアクセスする機能を持つ必要がない道路である。

車道部とは、車道、中央帯、軌道敷、交通島、路肩(街渠を含む)の全部または一部からなる道路の部分をいう。

側道とは、高速自動車国道または自動車専用道路に並行して、沿道の利便のために設けられる道路をいう。

・道路の区分は、高速自動車国道および自動車専用道路とそれ以外の道路の別、道路の存する地域、地形の状況および計画交通量に応じて、区分されている。
第1種の道路、地方部に存する自動車専用道路で、級別の区分は、第1級、第2級、第3級、第4級の4種類である。
第2種の道路は、都市部に存する自動車専用道路で、級別の区分は、第1級、第2級の2種類である。
・第2種第1級の道路は、高速自動車国道と、大都市の都心部以外の地区の高速自動車国道以外の道路である。
・第2種第2級の道路は、大都市の都心部の高速自動車国道以外の道路である。
第3種の道路は、地方部に存する道路で、級別の区分は、第1級、第2級、第3級、第4級、第 5級の 5 種類である。
第4種の道路は、都市部に存する道路で、級別の区分は、第1級、第2級、第3級、第4級の 4 種類である。



出題分析表のサンプル/問題4-2 専門技術 道 路


過去問題の出題傾向から出題予想分析を行い、高い確率で予想的中させています。
◎は、予想が的中したものです。


難易度が高くても高得点を取る必要なし。時間をかけずに、確実に合格点、合格率アップを目指しましょう。!!

・毎年出題されている問題はないか。
・頻繁に出題されている問題の周期は、1年置きか、2年置きか、3年置きか。
・久々に出題された問題があるが、同じように怪しい問題はないか。
・しはらく出題されていないが、気になる問題はないか。
このように、特化すべき重点問題を絞り込むことで合格率アップに繋がります。
試験日までの時間や難易度を考察し、計画性を持って合格を目指しましょう。


4-2 専門 道路 予想 R01 H30 H29 H28 H27 H26 H25 H24-
H24
◇ 車線
 車線の分類 ◎◎
 付加追越車線 1
 付加車線
 登坂車線 1
 往復分離の2車線構造
 車線の幅員 1
 
◇ 線形
 道路の平面線形 ◎◎ ◎◎ 1
 道路の縦断線形
 平面線形と縦断線形 ◎◎
 曲線部の拡幅
 片勾配
 住宅地の道路構造
 クロソイドの設計


  • これだけ択一集のサンプルは、ほんの一部です。
  • すべての項目集は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。


こけだけ択一集/問題4-2 専門技術 『道路』

  出題傾向分析表と特化すべき重点項目集 2,000 円(税込)


出題傾向分析表と特化すべき重要項目集を、メールで送信しています。



重要項目集のサンプル/問題4-2 専門技術 河川砂防


オリジナルの重点項目集を作成しましょう。!!

・間違い探し問題の間違った文章は、正しい解答例に直しています。
 直した正しい解答例は、太字にしています。
・出題年度は、色を変えて記入しています。
 たくさんの色が付いている問題が、よく出る問題です。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・下記の出題傾向の分析表を参考にして、問題を絞り込めば、
 オリジナルの重要項目集、問題集が作成でき、自由な勉強法で合格率アップ。
・数枚ずつ用紙に印刷すれば、通勤や業務の合間に、効率的で様々な勉強法に利用ができます。



◇ 河道の計画

RCCM4-2河川  H30-07  H29-07  H27-05  H26-02  H24-05
河道の平面、縦横断形

〔平面形〕
・改修を必要とする計画区間において、現河道の平面形を中心にして、治水・利水・環境についての目指すべき方向性を踏まえ平面形の設定を行う。

〔縦断形〕
・河道の縦断形は、堤防法線及び河道の横断形と関連させて、堤内地盤高、河川環境、河床の安定、経済性等を考慮して定める。
・河床勾配は上流から下流に向かい急から緩へ変化させる。
地下水位、用水の取水位、既設の重要構造物の敷高などにも配慮するものとする。
・河道の縦断形は、一般に河道の横断形のうち、低水路の平均河床高より縦断形を定めその勾配を河床勾配とする。
・河床の安定上やむを得ない場合には、必要に応じ河床の状況等を考慮して、床止め等を設ける。
・縦断方向の動植物の生息・生育環境の連続性を考慮する。
・現況河道の縦断形を重視する。

〔横断形〕
・河道の横断形は、河道の縦断形、地形、地質、動植物の生息・生育環境等を含む河川環境、沿川の土地利用状况等を勘案し、また長期的、局所的な河床変動を十分に考慮して定める。



出題分析表のサンプル/問題4-2 専門技術 河川砂防


過去問題の出題傾向から出題予想分析を行い、高い確率で予想的中させています。
◎は、予想が的中したものです。


難易度が高くても高得点を取る必要なし。時間をかけずに、確実に合格点、合格率アップを目指しましょう。!!

・毎年出題されている問題はないか。
・頻繁に出題されている問題の周期は、1年置きか、2年置きか、3年置きか。
・久々に出題された問題があるが、同じように怪しい問題はないか。
・しはらく出題されていないが、気になる問題はないか。
このように、特化すべき重点問題を絞り込むことで合格率アップに繋がります。
試験日までの時間や難易度を考察し、計画性を持って合格を目指しましょう。


4-2 専門 河川砂防 予想 R01 H30 H29 H28 H27 H26 H25 H24-
H24
◇ 砂防基本計画
 砂防基本計画 1
 水系砂防計画
 土石流・流木対策の土砂量の算出方法
 土砂生産抑制施設の目的と種類、機能
 土砂生産抑制計画の策定
 土石流・流木捕捉工
 
◇ ダム
 ダム堤体の荷重
 ダム堤体の安定性や強度、材料
 ダムの設計
 ダムの計画
 重力式コンクリートダムの設計
 ダム堤体の非越流部高さの設定
 ダムの構造計算に用いる設計震度


  • これだけ択一集のサンプルは、ほんの一部です。
  • すべての項目集は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。


こけだけ択一集/問題4-2 専門技術 『河川砂防』

  出題傾向分析表と特化すべき重点項目集 2,000 円(税込)


出題傾向分析表と特化すべき重要項目集を、メールで送信しています。



重要項目集のサンプル/問題4-2 専門技術 鋼構造コンクリート


オリジナルの重点項目集を作成しましょう。!!

・間違い探し問題の間違った文章は、正しい解答例に直しています。
 直した正しい解答例は、太字にしています。
・出題年度は、色を変えて記入しています。
 たくさんの色が付いている問題が、よく出る問題です。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・下記の出題傾向の分析表を参考にして、問題を絞り込めば、
 オリジナルの重要項目集、問題集が作成でき、自由な勉強法で合格率アップ。
・数枚ずつ用紙に印刷すれば、通勤や業務の合間に、効率的で様々な勉強法に利用ができます。



◇ 床版の設計

RCCM4-2鋼コン  H30-04  H29-10  H27-10  H26-10  H25-10
鋼橋の鋼床版の設計

・鋼床版のデッキプレート上に載荷する輪荷重については、舗装による荷重分布を考慮しない。
・舗装は物性値が極めて複雑な性状で、性質の異なる多層構造であり、鋼床板との接着層や上層と下層との層間にずれなどが生じることがあるため、舗装による荷重分布を考慮しない。

A 活荷重で設計する橋においては、設計に用いる断面力、設計曲げモーメント、は B 活荷重で算出した断面カを 20% 低減した値としてよい。
・A 活荷重で設計する橋での床版のは、 床版の支間長に応じた割り増しも行う必要がない。
B 活荷重で設計する橋では、床版の支間が車両の進行方向に直角な場合の主鉄筋方向の設計曲げモーメントは、床版の支間長に応じて割り増しを行う必要がある。
・等分布死荷重による床版の設計曲げモーメントは、主鉄筋方向は考慮するが配カ鉄筋方向は無視して良い。

・主桁の一部として設計する鋼床版は(1)「主桁の一部としての作用」と、(2)「床版及び床組としての作用」、さらに(1)、(2)二つの作用を同時に考慮した場合に対して安全であることを照査しなければならない。
・床版及び床組としての鋼床版の設計で用いる縦リブの衝撃係数は一律 i=0.4 としてよい。
・床版及び床組としての作用に対しては、鋼床版を版格子構造又は直交異方性版と考えて設計を行う。
・車道部に主桁又は縦桁が配置される場合には、舗装の疲労を抑制するために輪荷重の常時走行位置が腹板位置と一致するように配置する。



出題分析表のサンプル/問題4-2 専門技術 鋼構造コンクリート


過去問題の出題傾向から出題予想分析を行い、高い確率で予想的中させています。
◎は、予想が的中したものです。


難易度が高くても高得点を取る必要なし。時間をかけずに、確実に合格点、合格率アップを目指しましょう。!!

・毎年出題されている問題はないか。
・頻繁に出題されている問題の周期は、1年置きか、2年置きか、3年置きか。
・久々に出題された問題があるが、同じように怪しい問題はないか。
・しはらく出題されていないが、気になる問題はないか。
このように、特化すべき重点問題を絞り込むことで合格率アップに繋がります。
試験日までの時間や難易度を考察し、計画性を持って合格を目指しましょう。


4-2 専門 鋼構造コンクリート 予想 R01 H30 H29 H28 H27 H26 H25 H24-
H24
◇ 損傷・疲労・腐食
 橋梁の損傷評価
 損傷の種類:亀裂
 損傷の種類:腐食
 橋梁の対策区分判定
 鋼橋の損傷
 疲労損傷部材の補修・補強方法
 コンクリート構造物の疲労破壊の照査
 鋼橋の疲労設計 1
 腐食鋼板の残存板厚計測
 腐食損傷部材の補修・補強
 PC鋼材の腐食防止対策、グラウト
 変形鋼部材の加熱矯正
   
◇ コンクリート構造物
 コンクリートの特性
 コンクリートの配合設計
 コンクリート構造物の補強工法
 コンクリート構造物の性能照査
 コンクリート構造物の設計
 コンクリートの締固め養生
 コンクリートの打継目
 


  • これだけ択一集のサンプルは、ほんの一部です。
  • すべての項目集は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。


こけだけ択一集/問題4-2 専門技術 『鋼構造コンクリート』

  出題傾向分析表と特化すべき重点項目集 2,000 円(税込)


出題傾向分析表と特化すべき重要項目集を、メールで送信しています。



この記事を書いている人 - WRITER -


運 営 者 : 資格試験-BOSS

職  業 : 建設コンサルタント会社の企業内技術士(現役)

習得資格 : 技術士(建設部門)、RCCM、測量士、
      施工管理技士(各種)、ダム管理士など多数。

主なWEB活動 :
誰もが楽に合格できる建設系資格試験の受験支援。
簡単に使える建設系CADシステム・技術計算ソフトの分析比較。
最良と呼べる企業ごとのシステム構築の提案など。

仕事以上の趣味とゆとり : 酒と肴のための放浪


詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 合格請負人『資格試験-BOSS』 , 2021 All Rights Reserved.