時間をかけずに、最低限の努力で、資格試験に合格したいあなたへ

合格請負人『資格試験-BOSS』

RCCM試験/問題3 管理技術力、問題1 業務経験論文の部品集と解答例

 
91f9ee1b 4dd4 4f7f ad2e 78c808bcec75 - RCCM試験/問題3 管理技術力、問題1 業務経験論文の部品集と解答例
この記事を書いている人 - WRITER -


運 営 者 : 資格試験-BOSS

職  業 : 建設コンサルタント会社の企業内技術士(現役)

習得資格 : 技術士(建設部門)、RCCM、測量士、
      施工管理技士(各種)、ダム管理士など多数。

主なWEB活動 :
誰もが楽に合格できる建設系資格試験の受験支援。
簡単に使える建設系CADシステム・技術計算ソフトの分析比較。
最良と呼べる企業ごとのシステム構築の提案など。

仕事以上の趣味とゆとり : 酒と肴のための放浪


詳しいプロフィールはこちら


このページは、問題3 管理技術力、問題1 業務経験論文 のページです。


- RCCM試験 対策ページの目次 -


RCCM試験は、令和3年度(2021)から、CBTになります。
CBT方式の試験では、全てコンピュータを利用しての解答となります。
・受験申込期間 : 5月17日 ~ 6月18日  (Web申請システムより受験申込書を作成)
・受験予約期間 : 7月12日 ~ 10月26日  (HPより、受験希望の会場、日時を予約)
・試験期間 :   9月 1日 ~ 10月31日  (RCCM試験A・Bの両方を受験すること)
   詳細は、建設コンサルタンツ協会 のページでご確認ください。

問題Ⅲ 管理技術力の出題テーマが公表されました。  公表テーマの詳細は、こちらへ

公表テーマで指定された用語・キーワードに対応した、
最新の解答例を配布しています。(6テーマ其々に3件、合計18件の解答例)

試験当日は、公表された6テーマの中から、1問が出題されます。
6テーマは、次の2つのグループに大別されます。
6テーマ全ての準備が困難な方は、長めの解答例を2つ準備することを検討してみてください。
1つの解答例につき、「現状」は1つでいいです。
「課題」と「あり方」は、用語(キーワード)に沿った項目を全て作成してください。
試験当日に出題されたテーマにアレンジするということです。十分、合格点は獲れると思います。

グループ 出題テーマ 用語(キーワード)
(1) 近年の自然災害の激甚化に対する今後の国土づくり
(4) 維持管理と長寿命化
(6) コンパクトシティの推進
人口減少、高齢化、インフラ老朽化、一極集中、国土強靭化、防災・減災、ライフサイクルコスト、更新、予防的措置、新技術、BIM/CIM
(2) ICT・IoT・AI技術の利活用
(3) 設計成果の品質向上
(5) 人材確保と働き方改革
働き方改革、長時間労働、生産性革命、照査体制、コミュニケーション、業務スケジュール管理表、RPA、BIM/CIM、QMS、OJT



RCCM試験の
問題3 管理技術力、問題1 業務経験論文で

「合格点が獲れる」秘訣を提供します。

「今年で合格してしまいたい」を応援します。

  • RCCM試験の問題3 管理技術力、問題1 業務経験論文は、論文形式での解答が必要なことから、問題集を反復して解くことで合格点を取れるものではないことが、難易度を上げ合格率を下げている要因でしょう。合格するためには、たくさんの準備時間が必要になります。
  • この支援ツールを使用して、効率的な勉強法で難易度の考察や傾向と対策を行い、試験日までに1回で合格を勝ち獲る対策を講じましょう。

そして、「今年で合格してしまいましょう」


RCCM試験の問題3 管理技術力、問題1 業務経験論文に対応
3,000名以上が合格できた、RCCM試験 支援ツールの実績です。


RCCM試験/問題3 管理技術力の記述問題 支援ツール

   管理技術力問題の出題予想と解答例文 3,000 円(税込)

RCCM試験/問題1 業務経験論文 支援ツール

   業務経験論文の部品集と解答論文例  3,000 円(税込)


出題傾向分析と解答例文、部品集などを、メールで送信しています。



RCCM試験

問題3 管理技術力の支援ツール

 

RCCM試験 問題3 管理技術力 出題予想と解答例文とは

管理技術力の出題予想と解答例文を使用すれば、
確実に合格点を獲る準備ができます。

過去の出題から傾向を分析し、高い確率で的中させます。


問題3 管理技術力の支援ツールは、2021年版に更新済みです。
「お申込みはこちら」ボタンより、お申込みください。


RCCM試験 問題3 管理技術力 出題傾向について

問題3 管理技術力記述問題の、
令和01年度(2019)の出題は、次の3件でした。


◇ 安全な国土づくり
 (H27年とH28年に続き、3年ぶりの出題)

  • 巨大災害、国民経済生活、サプライチェーン、重要インフラ、国土強靭化、ハード対策、ソフト対策、災害に強いまちづくり


◇ 維持管理と長寿命化
 (H30年から2年続いての出題)

  • 老朽化、地方公共団体、ライフサイクルコスト、更新、予防的措置、新技術


◇ 建設コンサルタントにおける人材確保と働き方改革

 (H29年から3年続いての出題)

  • 生産性革命、担い手確保、外国人労働者、長時間労働、多様な働き方、OJT

過去問題集から対策を練りましょう。
問題3 管理技術力の記述問題は、毎年3題が出題されます。
3問の内2問は前年度、前前年度と同じテーマの出題となっています。
本教材では、「今年出る出題問題」を予想し、メールでお伝えします。

 
 

RCCM試験 問題3 管理技術力 出題予想について

令和02年度(2020)の出題テーマは、次の出題が予想されます。
 ・建設コンサルの人材確保と働き方改革
 ・安全な国土づくり、防災減災
 ・維持管理と長寿命化
 ・設計成果の品質向上


RCCM試験 問題3 管理技術力 解答例文について

管理技術力の解答例を使えば、確実に合格点が獲れる準備ができます。
解答例の入手後は、次の手順により、短期間での試験対策が可能です。
 オリジナル論文に書換える → 暗記する → 書き込む訓練

解答例文は、次のようなテーマを、合計39件、作成しています。
☆ 管理技術力の解答例
 01 人材確保と働き方改革   4件 (建設コンサルタント)
 02 安全な国土づくり     4件 (防災・減災)
 03 維持管理と長寿命化    8件
 04 設計成果の品質向上    6件
 05 倫理とコンプライアンス  4件
 06 コンパクトシティ     4件
 07 ICT技術        5件
 08 発注方式         4件


解答例はこのようなものです。少しだけお見せします。


RCCM試験 問題3 管理技術力 サンプル解答例文

  • 解答文のサンプルは、ほんの一部です。
  • すべての解答例は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。

 

維持管理と長寿命化(情報化)のサンプル文

1.日本の社会インフラの現状と課題
 我が国では、高度成長期以降に整備した社会インフラが一斉に★老朽化し、今後20年間で建設後50年以上経過する施設の割合が加速度的に高くなる見込みである。例えば、道路橋はその割合が平成25年3月の約18%から10年後には約43%、20年後には約67%と急増する。このように一斉に★老朽化する社会インフラを、今後戦略的に維持管理・更新し、★長寿命化していくことが課題となっている。
                             ・・・・・(中略)
 国土交通省の「インフラ★長寿命化計画」においても、ライフサイクルマネジメントを確立するには「情報基盤の整備と活用」が重要とされている。この「情報基盤の整備と活用」は、今後、人材と予算が減少していく中で持続的・実効的なメンテナンスを行う鍵になると考えられる。

2.情報の利活用と発信・共有の課題
 限られた人材と費用の中で持続的・実効的なメンテナンスを実現するには、関連する情報の利活用を進め、発信・共有することが重要である。
 情報の利活用に当たっては、(1)現場のための正確な情報の把握と蓄積、(2)メンテナンスサイクルを確実に回すための情報共有化、が課題となる。

(1)現場のための正確な情報の把握と蓄積
 現場のための正確な情報の把握・蓄積では、点検結果や保全情報を蓄積・分析することで、適切なタイミングで★補修・更新を行うことを実現する。★地方公共団体では、維持管理情報を施設ごとに紙の報告書やPDF形式で管理している場合が多く、再利用が容易なデータベース形式での管理が課題となる。

(2)メンテナンスサイクルを確実に回すための情報共有化
                             ・・・・・(中略)
 今後、これらの取組みを進めるに当たっては、新規整備、維持管理、★補修・更新等の各段階において、情報管理等の効率性にも配慮しつつ、システムの利便性や汎用性を高めていくことが課題である。
 笹子トンネルでの天井板落下事故以降、社会インフラの維持管理、★補修・更新等について国民の関心が高まっている。一方、インフラの健全性評価や維持管理の重要性などは、国民に広く知られておらず、管理者による情報発信の推進も課題となる。

3.維持管理のための情報化のあり方

(1)現場のための正確な情報の把握と蓄積
 道路、河川、港湾などの分野ごとの★点検・診断結果や台帳情報、維持管理情報などを蓄積、利活用するための社会資本情報プラットフォームを構築する。
                             ・・・・・(中略)
 国だけではなく、自治体のインフラ情報も一元的に蓄積し、蓄積された情報については、目的に応じて一定の条件を付した上で、可能な限り広く一般に公開することが重要である。
 
(2)メンテナンスサイクルを確実に回すための情報共有化
 メンテナンスサイクルにおいて、維持管理情報は補修対象の特定や優先順位評価、詳細設計等に活用される重要な情報である。
                             ・・・・・(中略)
 近年は★補修・更新の際の劣化原因の特定が十分でなく、補修後に再劣化する事例も報告されている。これらの情報もデータベースに取り込むことで類似事例等の補修・更新に役立てることができる。

(3)管理者による情報発信の推進
 国土交通省では、社会資本のメンテナンスに関する情報ポータルサイトを開設しており、国や★地方公共団体等の社会資本のメンテナンスに関する様々な情報が提供されている。
 これに加え、自分の生活する地域の施設の劣化や利用状況など、より理解を深めてもらうよう、地域住民やNPO 等の多様な主体との協働による点検や美化活動等の取り組みなども情報発信として有効である。
                               - 以 上 - 

 


RCCM試験 問題3 管理技術力 高い確率での予想的中

  • ◎は、予想が的中したものです。
  • 過去問から出題予想を行い、高い確率で予想的中させています。

出題内容 予想 R01 H30 H29 H28 H27 H26 H25 H24-
H17
 維持管理と長寿命化
 建設コンサルタントの
 人材確保と働き方改革
 安全な国土づくり/
 防災・減災
 倫理とコンプライアンス 3
 設計成果の品質向上 3
 コンパクトシティの推進
 ICTの活用と技術開発
 発注方式 3




RCCM試験/問題3 管理技術力の記述問題 支援ツール

   管理技術力問題の出題予想と解答例文 3,000 円(税込)


出題傾向分析と解答例文などを、メールで送信しています。



RCCM試験

問題1 業務経験論文の支援ツール

 

問題1 業務経験論文  解答例文と部品集とは

問題3管理技術力の出題予想と解答例だけでなく、
問題1 業務経験論文の部品集と解答例も作成しています。

業務経験論文は問題集を反復して解くことで合格点を取れるようなものではありません。業務経験論文の対策には、たくさんの時間が必要になります。そのため難易度が高く感じたり、勉強法で悩まれる方も多いでしょう。
そこで、専門部門ごとの「業務経験の論文例」を作成しました。
また、「業務経験論文の部品集」を使えば、おすすめ構成・部品例を組み合せるだけで、論文構成が短時間で簡単に作成でき、合格率を上げれます。


問題1 業務経験論文の支援ツールは、2021年版に更新済みです。
「お申込みはこちら」ボタンより、お申込みください。


RCCM試験 問題1 業務経験論文 解答例文について

業務経験論文の対策の流れは、次のような手順になり、たくさんの時間が必要になります。
・論文原案を練る
・添削をうけ修正する
・暗記する
・書き込む訓練を行う

という手順の勉強法になり、たくさんの時間が必要になります。

「業務経験の解答例文」を参考にすれば、
オリジナルの論文原案が、短時間で簡単に作成できます。

業務経験の解答例文は、3業務タイプのものを、合計25件、作成しております。
・道路            : 4 件
・河川、砂防及び海岸・海洋  : 5 件
・鋼構造及びコンクリート   : 3 件
・土質及び基礎        : 1 件
・下水道           : 3 件
・農業土木          : 2 件
・建設環境          : 3 件
・都市計画及び地方計画    : 1 件
・施工計画、施工設備及び積算 : 3 件


解答例はこのようなものです。少しだけお見せします。


RCCM試験 問題1 業務経験論文 サンプル解答例文

  • 解答文のサンプルは、ほんの一部です。
  • すべての解答例は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。

 

業務経験論文のサンプル/道路部門


〔経験業務 その1〕
                          ・・・・・(中略)
〔経験業務 その2〕
                          ・・・・・(中略)
〔経験業務 その3〕

(1-1)業務の名称
 県道C線道路改良詳細設計業務(交通安全) (A県C市)

(1-2)発注者名
 A県C地方土木整備事務所

(1-3)履行期間
 平成26年5月~平成27年3月

(2)業務の目的
 業務区間は全長約3km、現況全幅約7.0mの生活道路である。児童の通学路となっており、積雪が1m以上となる地域であるが、歩道が未整備であった。児童の安全確保のため、歩道設置計画と道路線形改良を行った。

(3)業務の内容
 道路のどちら側に歩道を設置するかという点で地元意見が分かれていた。まずは両方のケースで概略検討を行い、歩道の利用性、必要となる移転補償物件、経済性等、各ケースの得失点を比較整理した。これをもとに、地元住民への概略案を説明し、地域の合意形成を行った。

(4)あなたの果たした役割
 設計担当者として、土地利用状況、通学ルート等を踏まえ歩道設置計画を検討した。歩道設置に伴う道路拡幅で必要となる移転補償物件、用地買収の関係地権者が多いため、地域の合意形成を効率的に図るように業務を遂行した。

2.

(2)技術上の問題点とその対応
 歩道整備事業は地元の総意であったが、道路のどちら側に設置するかで意見が分かれていた。まずは両ケースの概略検討を行い、それぞれの得失点を分かりやすく整理することが地域の合意形成において不可欠であった。
 概略検討においては、現道の路肩幅員に余裕がある区間を有効活用した線形改良により、補償物件・用地買収面積を最小限に抑えることを基本方針とし、下記の点を整理・検討した。
 ①住宅街の分布状況と歩道整備後の通学ルート
 ②横断歩道が必要となる箇所と走行車両の視距
 ③必要となる移転舗装物件の数、及び概算補償費
 ④用地買収面積、及び関係地権者
 ⑤橋梁拡幅、法面対策工が必要となる箇所の概略検討
 ⑥年度予算予定と概算工事費を踏まえた工区割り
 両ケースの検討結果を拡大平面図に分かりやすく表記することにより、地元住民が理解しやすい説明資料を作成した。また、地元説明会では航空写真やGoogleストリートビューなどのITツールを活用し、計画説明、質疑応答を視覚的に容易に理解できるようにした。

(3)業務の実施上の問題点とその対応
 業務数量は全長3kmの歩道設置計画の概略設計と、1kmの詳細設計であったが、業務期間は10ケ月と短かった。また、事業予算の年度期限があったため、業務期間の延長は不可能であり、早期の合意形成が問題となった。
工期内の業務完了のために、業務計画の立案段階において、最初の3ケ月で概略案検討・地元合意形成をマイルストーンとした。そのために、下記の対応を施した。
①現地調査班を3つに分担し、「現道状況・交通量状況」、「土地利用状況、地元聞き取り調査」、「影響が予想される範囲の地権者情報」を同時進行で行った。
②上記の現地調査と並行して、「道路台帳を図面ベースとした概略線形検討」の準備作業を行い、現地調査結果を1枚の平面図に取り込むことにより、概略検討が効率的に行える環境を整えた。
③支障物件の移転や用地取得が特に困難と予想される箇所の整理結果を早期に発注者と協議し、発注者の対応方針検討、線形改良の基本方針の検討を効率的に行えるようにした。

(4)上記(2)(3)の対応について、現時点での評価
 本業務のように計画延長が非常に長い道路設計業務については、地元住民の合意形成をスムーズに行うことが業務遂行の重要課題となる。そのため、今回のように業務計画の立案段階で、「効率的かつ総合的に現地情報を把握する体制」を整えたことは、概略検討の迅速化、コントロールポイントの見落とし防止に繋がり、業務の工程管理におけるキーポイントとして評価できる。
 また、地元説明に際してのITツールの活用は、普段図面を見慣れていない一般市民にとって、「視覚的に容易に計画や問題点を理解できる」という点において非常に有利である。以降の業務においても、地元説明会で積極的に利用している。今後は3次元CAD、ドローン画像・映像、3Dスキャナなども利用して、発注者協議も含めて、より視覚的に分かりやすいプレゼンテーションを行うことを積極的に取り組みたいと考えている。
                             - 以 上 - 



RCCM試験 問題1 業務経験論文 部品集について

業務経験論文の部品集では、以下の記述項目について、専門技術部門別に、おすすめ構成と部品例を、多数紹介しています。

「業務経験論文の部品集」を使用して、チェックシートに沿って、部品集を組み上げれば論文原案が、短時間で簡単に作成でき、合格率を上げることができます。

1-1 業務の名称
1-2 業務の目的
1-3 業務の内容
1-4 あなたの果たした役割
2-2 技術上の問題点とその対応
2-3 業務の実施上の問題点とその対応
2-4 現時点での評価

 

チェックシートの活用/業務実施上の問題点


フローチャートの流れに従って、部品集を参考にして、チェックシートを埋めていけば、経験論文の骨格が出来上がる仕組みになっています。
例えば、「業務実施上の問題点」の項なら、部品集のサンプルを参考にして、「あなたの業務では」の情報を入れていきます。

①現状の問題点は何か?
 項目:工程管理
  サンプル:従来の業務処理方法では工期的に厳しい状況であった
  あなたの業務では:・・・・・
 項目:連絡調整
  サンプル:多くの関係機関との連絡調整が必要であった
  あなたの業務では:・・・・・
 項目:業務の効率化
  サンプル:関係者の意見調整を行い、業務の効率化を図る必要があった
  あなたの業務では:・・・・・
 項目:事業費の削減
  サンプル:社会情勢の変化に伴い事業費の削減が強く求められた
  あなたの業務では:・・・・・

②問題点への対応策
 項目:工程管理
  サンプル:管理技術者に対し、グループ内の人員配置の変更を要望した
  あなたの業務では:・・・・・
 項目:連絡調整
  サンプル:関係機関との協議の進め方等について意思の疎通を図った
  あなたの業務では:・・・・・
 項目:業務の効率化
  サンプル:協議資料を早期に作成し提出することで協議の効率化を図った
  あなたの業務では:・・・・・
 項目:事業費の削減
  サンプル:資材調達を他の現場との一括方式として、コスト削減を図った
  あなたの業務では:・・・・・





業務経験論文の解答例は、通年の共通版になります。
部品集とチェックシートは、更新しパワーアップしております。


RCCM試験/問題1 業務経験論文 支援ツール

   業務経験論文の部品集と解答論文例  3,000 円(税込)


解答論文例、部品集などを、メールで送信しています。



RCCM試験 支援ツールはこんな方におススメ

日々の業務が忙しくて、試験日までに試験対策の時間が取れない。

試験日までの短期間で確実に合格点を取りたい。

効率的に学習できる教材を探している。


お申込み者数 3,000名突破!

たくさんの方にリピートいただいている試験対策ツールです。


RCCM試験の問題3 管理技術力、問題1 業務経験論文に対応

RCCM試験/問題3 管理技術力の記述問題 支援ツール

   管理技術力問題の出題予想と解答例文 3,000 円(税込)

RCCM試験/問題1 業務経験論文 支援ツール

   業務経験論文の部品集と解答論文例  3,000 円(税込)


出題傾向分析と解答例文、部品集などを、メールで送信しています。





この記事を書いている人 - WRITER -


運 営 者 : 資格試験-BOSS

職  業 : 建設コンサルタント会社の企業内技術士(現役)

習得資格 : 技術士(建設部門)、RCCM、測量士、
      施工管理技士(各種)、ダム管理士など多数。

主なWEB活動 :
誰もが楽に合格できる建設系資格試験の受験支援。
簡単に使える建設系CADシステム・技術計算ソフトの分析比較。
最良と呼べる企業ごとのシステム構築の提案など。

仕事以上の趣味とゆとり : 酒と肴のための放浪


詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 合格請負人『資格試験-BOSS』 , 2021 All Rights Reserved.