時間をかけずに、最低限の努力で、資格試験に合格したいあなたへ

合格請負人『資格試験-BOSS』

1級 造園施工管理技士 経験記述、実地試験

 
27fc2349 f903 4fae aba8 97328f222699 - 1級 造園施工管理技士 経験記述、実地試験
この記事を書いている人 - WRITER -


運 営 者 : 資格試験-BOSS

職  業 : 建設コンサルタント会社の企業内技術士(現役)

習得資格 : 技術士(建設部門)、RCCM、測量士、
      施工管理技士(各種)、ダム管理士など多数。

主なWEB活動 :
誰もが楽に合格できる建設系資格試験の受験支援。
簡単に使える建設系CADシステム・技術計算ソフトの分析比較。
最良と呼べる企業ごとのシステム構築の提案など。

仕事以上の趣味とゆとり : 酒と肴のための放浪


詳しいプロフィールはこちら

このページは、1級経験記述、1級実地試験 のページです。

- 造園施工管理技士試験 対策ページの目次 -



造園施工管理技士試験

経験記述と実地試験、出題予想と解答例文


1級・2級 経験記述問題と第二次検定(実地試験)に対応。
1,000名が合格できた、造園施工管理試験の支援ツールです。




1級・2級 経験記述の支援ツール  3,000円 税込
経験記述問題の出題予想と解答例文

1級・2級 実地試験 これだけ項目集 2,000円 税込
第二次検定(実地試験)出題傾向分析&重点項目集

出題傾向分析と解答例文、重点項目集を、メールで送信しています。



2021年度から試験制度が変更になります。

合格者の呼び名が変わります。
・第一次検定合格者 → 1級〇〇施工管理技士補、2級〇〇施工管理技士補
・第二次検定合格者 → 1級〇〇施工管理技士、2級〇〇施工管理技士

学科と実地の試験名が変わります。
・学科試験 → 第一次検定
・実地試験 → 第二次検定

(例)1級建築施工管理技士試験の場合
第一次検定では、監理技術者補佐として、
 施工の管理方法に関する一般的な知識、施工の管理を適確に行うために必要な応用能力が問われます。

第二次検定では、監理技術者として、
 工事の施工管理を適確に行うために必要な知識、工事に必要な措置を適切に行うことができる応用能力、工事現場における施工計画や施工図を適正に作成できる応用能力が問われます。


造園施工管理技士試験 1級 経験記述の支援ツール

施工経験記述の対策は、過去に自分が経験した工事を選び、施工管理項目ごとに、事前に十分な準備をして、解答文を作成しておく必要があります。そのため難易度が高く感じたり、勉強法で悩まれる方も多いでしょう。

試験日までに効率的な試験対策を行うため、本年度の出題を予想し、独自の現場情報に書き換えるだけで、合格点の獲れる、解答例文を作成しました。

下記の「経験記述の出題傾向」を見れば、本年度の出題は容易に予想できます。
本年度に出題が予想される施工管理項目(テーマ)に沿った、
試験日までに合格点が獲れる「施工経験記述の解答例文」を、多数提供しています。


造園施工管理技士試験 1級 経験記述の出題予想

近年の、造園施工管理技士試験、1級実地試験の経験記述問題の出題は、
「工程管理」と「品質管理」の内から、1つを選び解答することになっています。
「工程管理」と「品質管理」について、しっかりと準備をして、臨んでください。



造園施工管理技士試験 1級 経験記述の解答例

「経験記述問題の解答例」を使用すれば、自分が経験した現場条件に変更するだけで、確実に合格点が獲れる経験記述の準備ができます。

解答例文は、下記の内容で、合計32件、作成しています。
工程管理 16件、品質管理 16件。

解答例文は、それぞれの施工管理項目について、次の内容で作成しています。
 (4) 管理項目の課題の内容
 (5) 現場で実施した処置又は対策


造園施工管理技士 1級 経験記述の解答例サンプル

  • このページに掲載している、サンプル解答文は、ほんの一部です。また、最新のものではありません。
  • 最新のすべての内容は、「経験記述の解答例」をお申込み後、
    ダウンロードして、ご確認ください。

植栽工 (工程管理/サンプル解答文)

⑤ 工事概要
 本工事は、緑と水を配した親水性のある公園整備を目的とした、○○公園樹木整備工事であった。6,000m2の親水広場を継続年度で整備し、最終年度は分割工事で高木植栽(100本)、低木植栽(200本)と芝生整備(1000m2)を行った。

(4) 管理項目の課題の内容
 経年工事の最終年度ということもあり、張芝工の施工時期が春から夏にずれてしまった。夏場は芝の養生・活着化には不向きな時期であるため、工期短縮を図り、夏前に張芝工を完了させる必要があった。
 また、通年型の高規格な生態系親水公園広場の整備を目指す中で、多種で多量な樹木は受入れ時期や植栽時期がそれぞれ異なり、本工事における工程管理上の課題となった。

(5) 現場で実施した処置又は対策
 1,000m2という広範囲を短期間で施工するため、通常のソッド規格の切芝ではなく、大型芝(1m×10m)を導入し、機械施工により作業の効率化を図った。これにより6月中に芝張作業を終了させた。芝張の施工期間を短縮させた分、養生期間を十分に確保し、3週間の散水を行い、根を定着させることができた。
 高木、低木の植栽に当たっては、植栽時期による区分を徹底し、春先の植栽が望ましい樹種に関しては工期を前倒し、近隣工区の作業の支障とならないエリアに限定して植栽を行った。高木植栽については、仮置き作業をなくし、調達後に即、施工することで、受入れ後の樹木の養生の手間も減り、工期の短縮につながった。


植栽工 (品質管理/サンプル解答文)

⑤ 工事概要
 本工事は、T県F市における、総戸数1000戸を超す5群で形成される大規模マンション群の外構植栽工事であった。その工種は、植栽工(高中木、低木、地被、張芝、壁面緑化)、コンクリート工(植栽帯躯体)、舗装工を施工するものであった。

(4) 管理項目の課題の内容
 本工事の発注監理者から、植栽工の設計内容について、次のような指摘がなされた。
① 設計段階での緑化率はクリアしているが、大規模マンション群が立ち並ぶ計画地における、ビル風対策を考慮した植栽レイアウトになっていないこと。
② 施工時期が冬季に変更されたが、選定樹種のほとんどが厳寒期の植栽として適期ではない常緑高木で構成されていること。
 このようなことから、植栽工の施工におけるビル風対策、枯損防止に対する品質確保が、本工事における技術的な課題となった。

(5) 現場で実施した処置又は対策
 植栽工の品質管理について、ビル風対策、枯損防止の処置を次のように実施した。
① 防風対策に優れた樹種は、成長が早く、樹冠の発達が良く、耐風性が強いクス、タブ、カシ、シイ等の常緑樹であることを明らかにした。
② 建物によるはく離流が発生しそうな外構箇所の植栽については、防風特性を持たせるための樹種を意図的に配置したり、風道箇所に樹群を形成させたりといった植栽配置の変更を、監督員と協議して実施した。
③ 幹の凍害による霜割れと寒風が引き起こす過剰な蒸散による乾燥等を防ぐため、新聞紙、ラップ、緑化テープによる幹巻を行い、寒冷紗を樹形全体に覆うことで、樹木の枯損を防止した。
 施工段階でこのような処置を行ったことで、植栽工の所要の品質確保ができた。



造園施工管理技士試験 1級 経験記述の部品集

造園施工管理技士試験、経験記述の部品集は、
工程管理、品質管理の出題項目について、
「管理項目の課題の内容」と「現場で実施した処置又は対策」に区分した部品集を多数準備しています。

  • 部品集から自身が体験した施工内容を選び、独自の現場情報を入れれば、経験記述の解答文の骨格が簡単に出来上がります。
  • たくさんのご好評をいただいている、大人気の部品集です。


造園施工管理技士試験 1級 経験記述の出題傾向

  • 過去問題の出題傾向から出題予想分析を行い、高い確率で予想的中させています。
  • ◎は、予想が的中したものです。

出題項目 予想 R02 R01 H30 H29 H28 H27 H26 H25-
H16
   
 工程管理 10
 品質管理 10
   

  • このページに掲載している、出題傾向と出題予想のサンプルは、ほんの一部です。また、最新のものではありません。
  • 最新のすべての内容は、「経験記述の解答例」をお申込み後、
    ダウンロードして、ご確認ください。


1級 経験記述の支援ツール  3,000 円(税込)

経験記述問題の出題予想と解答例文

出題傾向分析と解答例文を、メールで送信しています。



造園施工管理技士試験

1級 第二次検定(実地試験)これだけ項目集

試験勉強は過去問題を分析し、重要部分を問題集などで実際に問題を解く勉強法が効果的です。
この「これだけ項目集」(出題傾向の分析と重点項目集)が、学科試験・実地試験の勉強法がかわからない方、業務でお忙しい方々の受験を支援します。

出題を分析した「実地試験の出題傾向」を見れば、本年度の出題が予想できます。
どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されるのか、一目瞭然です。
「これだけ項目集」は、出題回数別に色分けした解答例です。下記の「これだけ項目集のサンプル」を見れば、特化すべき本年度の重点問題が絞り込めます。

これだけ項目集とは
・出題傾向の分析から、重点項目を絞り込み、これだけ項目集を作成しています。
・これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・Wordデータです。並べ替え、編集してオリジナルの項目集、問題集が作成できます。
・数枚づつ用紙に印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。


1級造園施工管理技士 第二次検定(実地試験)項目集サンプル

  • これだけ項目集では、1級 実地試験で出題される
    すべての出題分類について、重要項目集を作成しています。
  • このページに掲載している、サンプル解答文は、ほんの一部です。また、最新のものではありません。
  • 最新のすべての内容は、「これだけ項目集」をお申込み後、
    ダウンロードして、ご確認ください。


オリジナルの重点項目集を作成しましょう。!!

・間違い探し問題の間違った文章は、正しい文章に直しています。
 直した正しい文章は、太字にしています。
・出題年度は、色を変えて記入しています。
 たくさんの色が付いている問題が、よく出る問題です。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・下記の出題傾向の分析表を参考にして、問題を絞り込めば、
 オリジナルの重要項目集、問題集が作成でき、自由な勉強法で合格率アップ。
・数枚ずつ用紙に印刷すれば、通勤や業務の合間に、効率的で様々な勉強法に利用ができます。


1級 実地試験 問題2 造園施工記述 のサンプル

1造園 実地  R01-2-3  H27-2-3  H25-2-3  H23-2-3  H21-2-2
丸太と唐竹、支柱の取付

・所定の丸太を適度の傾斜で要所に取り付け、基部は地中に埋込み、所定の留杭と釘止め及び鉄線で綾掛け、割掛けとも3度掛け結束とする。
・支柱の丸太は、防腐処理を施したものを用い、末口を上にして、規定どおり打ち込む。
・支柱と樹木との結束部は、樹木に杉皮等を巻付けの上、シュロ細で綾掛け、割掛けとも3本寄り3度掛けして結束する。
・丸太相互の接合部は、天神を釘打ちし、鉄線掛けとする。
・釘打部の結束は、鉄線により綾掛け、割掛けとも3度掛けとし、結び目は必ず下に廻しておかなければならない。
・支柱丸太はすべて、使用前に指定の防腐剤を2回塗とし、十分乾燥して置かなければならない。
・唐竹(真竹)を使用する場合には、竹の先端は節止めとし、結束部には竹に鋸目を入れ縄の遊動を防ぐものとする。


1級 実地試験 問題4 品質管理 のサンプル

1造園 実地  H29-4-1  H26-4-1  H24-4-1  H21-4-1  H20-4-1
品質規格と寸法規格

 公共用緑化樹木等品質寸法規格基準(案)は、都市緑化のための公共用緑化樹木等について、品質規格と寸法規格を定めたものであり、樹木等の搬入検収時に適用すべきものである。
 品質規格は、樹木等の特性を表現する樹形や枝葉の配分などが良好に整っているか、また、移植に耐えるための活力は十分に備わっているかを確認する。
 寸法規格は、樹木等の樹高や枝張りなどの大きさを数値によって表し、これを確認する。なお、この規格で定める寸法値は、最低値を示している。
 樹木の品質は、樹姿と樹勢に大別して定めるものとし、シバ類の品質は、葉 、ほふく茎、根、病虫害、雑草等により表示するものとする。



1級造園施工管理技士 第二次検定(実地試験)出題傾向の分析

  • 過去問題の出題傾向から出題予想分析を行い、高い確率で予想的中させています。
  • ◎は、予想が的中したものです。


難易度が高くても高得点を取る必要なし。時間をかけずに、確実に合格点、合格率アップを目指しましょう。!!

・毎年出題されている、過去問で頻出される問題はないか。
・頻繁に出題されている問題の周期は、1年置きか、2年置きか、3年置きか。
・久々に出題された問題があるが、同じように怪しい問題はないか。
・しはらく出題されていないが、気になる問題はないか。
このように、特化すべき重点問題を絞り込むことで合格率アップに繋がります。
試験日までの時間や難易度を考察し、計画性を持って合格を目指しましょう。


問題2 造園施工記述 予想 R02 R01 H30 H29 H28 H27 H26 H25-
H20
   
◇ 根回し・根巻き・根鉢
 樹木の根の品質規格
 根巻きの作業手順と内容
 根の腐敗を防止する方法 1
 溝掘り式根回しの活着効果 2
 溝掘り式根回しの環状はく皮 1
 掘り取りの方法 1
 掘り取り作業の品質管理 1
 植栽後の発根促進 1
 根鉢の作業内容と品質管理 1
 
◇ 植付け、養生、剪定、灌水
 樹木の立込みの留意事項 2
 植付け時期の確認 1
 植付け後の防寒対策 1
 植付け後の養生作業の目的 1
 防風ネットの目的と留意事項 1
 植え穴掘りの作業手順と方法 1
 マルチングの目的
 枝葉の剪定の目的と方法 1
 樹木の灌水の留意事項 1
   

  • 出題傾向と出題予想のサンプルは、ほんの一部です。
  • これだけ項目集では、1級 実地試験で出題される
    全ての出題分類について、出題傾向と出題予想を作成しています。
  • 全ての出題予想は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。


1級 実地試験 これだけ項目集 2,000 円(税込)

第二次検定(実地試験)出題傾向分析&重点項目集

出題傾向分析と解答例文、重点項目集を、メールで送信しています。




この記事を書いている人 - WRITER -


運 営 者 : 資格試験-BOSS

職  業 : 建設コンサルタント会社の企業内技術士(現役)

習得資格 : 技術士(建設部門)、RCCM、測量士、
      施工管理技士(各種)、ダム管理士など多数。

主なWEB活動 :
誰もが楽に合格できる建設系資格試験の受験支援。
簡単に使える建設系CADシステム・技術計算ソフトの分析比較。
最良と呼べる企業ごとのシステム構築の提案など。

仕事以上の趣味とゆとり : 酒と肴のための放浪


詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 合格請負人『資格試験-BOSS』 , 2021 All Rights Reserved.